IT技術・サービスを使って生活をおトクに!豊かに!楽しく!

その日暮らし

お買い物 ガジェット

中国の通販業者GearBestを利用したら追加送料支払ったのに商品到着まで19日かかった話

更新日:

中国にある通販業者GearBest(以下GB)は日本でも有名ですが、4月末に初めて利用してみました。

しかし、いつまでたっても日本に届かない!3-5営業日で届くはずだったのに。結局届くまでに19日かかりました。

原因は?なんで解決した?相手の対応は?などなど。 GB vs Platz のやり取りを時系列的にまとめてみます。

GBとの19日間のやり取り

1日目 4/23 日曜日

購入したのはWindows搭載の中華タブレット。この件はまたブログに書きたいと思います。

1.69ドルを追加するとDHLで3-5営業日で届くというので、それくらいなら…ということで追加料金を支払いました。

送付先として英語と日本語で住所を入力します。わざわざ日本語でも書くとは用意周到だねえ…なんて感心しながらポチりました。

なお、支払いはPayPal経由でクレジットカード払いです。PayPalを使えばGBにはクレジットカード番号を伝える必要はないですからね。

まあ、近日中には届くだろうとほっておきますが、まさかここからがこんなに長いとは。

2日目 4/24 月曜日

なぜか GB のサポートから問い合わせが。 「住所教えてー」だって。なんで?この前書いたけど?仕方ないので改めて伝えました。

メールに気づいたのが遅かったので、返事をしたのは3日目となる4/25でした。

初めての注文だったから確認のためだったのかな? 発送したらメール送るねー、という返事がきました。

4日目 4/26 水曜日

夕方になってやっとGBからメールで連絡がありました。発送したよーって。そしてDHLのトラッキングNOも付与されました。

ただし、システムに対してすぐにトラッキングNOは反映されていないみたいで、DHLで商品を検索してもトラッキング状況は出て来ません。待つしかなさそう…。

6日目 4/28 金曜日

DHLで検索すること2日。ようやくトラッキングNOが反映されました!

と思ったら返送されているやないかーい!はぁ?

2017-04-28 19:34:00Returned to shipper
2017-04-28 19:32:00Shipment on hold
2017-04-28 19:24:00Shipment picked up

しかも、仕向地がSingapore-xxxxx-kuになってるし!(xxxxx-kuは私の住んでいる区の名前です。)

仕向地はJAPAN TOKYOじゃないのか??

7日目 4/29 土曜日

あちらから音沙汰なさすぎるので、朝からGBにメル凸。

まだ届かないんだけど?追加料金払っているのに何で遅れているの?
おまけにそっちに返却になってるんだけど?ちゃんとした方法ではよ送って!
それに時間かかりすぎだから送料返してくれますか?

という感じで。

そうしたら「おたくの住所にちゃんと送ってるよ!DHLで検索してみて!でも状況によっては遅れるから、そこんとこよろしく~。」的な返事が来たので

そうじゃなくて、DHLで検索するとリターンになってるんだけど!
それに仕向地がシンガポールになっとるやがな!

とDHLの追跡画面の画面ショットをつけて送ったら「おー、すいません調べます!」とのこと。やっと状況把握かよ…。この時点で4/30。

9日目 5/1 月曜日

このあたりから、相手も神妙に謝罪してくる。(sincerely apologize)

しかし、相手が言うには「心配しないで!荷物はちゃんとあなたのエリアに送られているから!検索に反映されないのは何かしらのシステムの問題なんで!」ということ。

そうなんだ。荷物はこっちに送られているんだ。じゃあ一安心。ということで「OK、了解」と返事をしておきます。

10日目 5/2 火曜日

しかし、ここで衝撃の展開。懲りずにDHLで検索をしてトラッキング情報が更新された!と思ったら……誰か知らん奴が受け取っている!!!

おーい!FENGって誰やねん!しかもサインしてるし!

ちょうどこの時期、Amazonマーケットプレイス詐欺の話もあって不安になり、急いでGBに連絡。

FENGって誰?お前んのとこのスタッフかー!?

と連絡しましたが、それに関する明確な回答は得られず。GBのスタッフならまだいいんですけどね。

まあ決して急いでいるものでもないし、GBからの返事はけっこう丁寧に、比較的早くもらえるのでそこまで怒りはしませんが、そろそろ不安に…。

11日目 5/3 水曜日

埒が明かないので、日本のDHLにもメールで問い合わせ。 しかし、ゴールデンウイークなので返事が来ないことは想定内。営業日になるまで待ちますよ。

GW中にタブレットをイジイジする予定だったのに…。

12日目 5/4 木曜日

GBから返事。システムの問題で、パッケージは我々の倉庫に戻ってくる予定です。再送できるか確認するため3-5日待って下さいとのこと。

わかった。もう任せたから早く送ってと返事。

13日目 5/5 金曜日

GBから連絡。ご了承ありがとう。そしてクーポンあげます。とのこと。

やっとここに来て補償問題の話が。もちろん、貰いますと返事。

14日目 5/6 土曜日

日本のDHL氏からメールで連絡あり。分かり次第連絡しますという一方。土曜日お仕事なんですね。御苦労さまです。

17日目 5/9 火曜日

もう連休も終わってしまった…で、仕事中に知らない番号から電話。誰や?と思ったらDHL氏から。 調査依頼の件の回答でした。 DHL氏から語られた衝撃の事実とは…。

「お荷物にリチウムイオンが含まれていたので返品になっていた模様です」

な、なんだってー?Ω ΩΩ

俄かには信じられません。だって、日々何台もGBからタブレットやスマホが発送されているはずなのに、なんでそんなことになるのか?

なお、発送元はシンガポールのオーシャンパックという会社だそうで。どういうこっちゃ?

 

ちなみにDHL氏、昨日もお電話いただいていたんですが私の手元に携帯がなくて出られませんでした。すみません。

DHL氏は6日に確認を開始してもらって8日には回答が出ていたのです。7日は日曜日ですから、1営業日で調査が終わっていたのでした。

やっぱりDHLは優秀ですなあ。DHL氏これ見ていたらグッジョブです。深謝します。

日本の労働者は責任感があって優秀なんだなあ、と改めて実感。 なのにGBときたら…。

ということでGBにすぐに連絡。ちゃんと航空貨物でリチウムイオン電池を送る場合のガイドライン通りに送ってる?と連絡。

18日目 5/10 水曜日

GBから返事が。まだ戻ってきていません。3-5日時間もらえませんか?だと。え?まだ荷物戻ってきていないの?

流石に呆れてきます。というか、他に在庫あるんだからそれを送って、荷物が戻ってきてから在庫に戻せばいいのに。

そう思って、GBにそう依頼しましたがそれは出来ないんだそうです。全く…。

さすがにキャンセルすることも考え出しました。もう一度同じ商品を新しく注文したほうが早く手に入りそうです。

19日目 5/11 木曜日

突然のエンディング!

自宅に戻り、なんの気なしに宅配ボックスをチェックしたところ…なんと黄色い封筒のDHLの荷物があるではありませんか!

DHLの荷物なんてGB以外に考えられません。やはり中身は注文したタブレットでした。

ちなみに、日本についた後は佐川急便が担当して配達してくれていました。

GBがさっきまで「まだ戻ってきません」とか言っていたのはなんだったのか?

しかし、ここまでのいろいろな事象をつなぎ合わせるとこういうことではないかと推測されます。

  1. GBが中国の倉庫からシンガポールに荷物を発送
  2. シンガポールで仕分けされ、オーシャンパックが荷主としてDHLに発送依頼
  3. DHLからオーシャンパックに返却 ここでサインしたのがオーシャンパックのFENG氏では?
  4. GBはオーシャンパックから中国の倉庫に一度取り戻そうとしていたが、オーシャンパックはDHLで日本に再度送った。新しい発送番号はGBにも私にも伝えられなかった。
  5. GBはまだ戻ってこないよーと呑気な回答、で、突然日本に届く…。

これならばまあ、いろいろと説明がつきます。

それにしてもまったくなんだったのかと。人騒がせなGBです。

とりあえずGBにはメールで届いたことを連絡しました。

翌日GBからは「良かったです!」という返事が来ていましたが…結局のところ、GBはなにもできませんでした。

GBは何もできなかったししなかった

結局、こちらからGBに確認したり質問したことについては、まともな返事がひとつもありませんでした。

  • なぜDHLがオーシャンパックに荷物を返却したのか?を調べることが出来なかった。 → 日本のDHLと私で確認
  • シンガポールから中国に荷物を戻すことが出来なかった。 → そもそもできるのかも不明
  • FENG氏が誰かを調べられなかった。
  • 戻りが発生したのはおそらくオーシャンパックの発送の方法に原因があったと思われるけど、それを突き止めることもできなかった。
  • システムのトラブルと言っていたが、そうではなかった。

などなど。

中国発シンガポール経由日本行きがやすいのは確実っぽい

中国の業者に頼んだのに、謎のシンガポール経由で送られてきていることですが、もしかしたら中国から香港経由で荷物を送るより、シンガポール経由で荷物を送る方がすごく安いのでしょう。

以前、アリエクスプレスを使った際もシンガポール経由で送られてきて不思議だった思い出がありますが、なんとなく謎が解けました。

しかし、GB側はシンガポールに行った後の日本への発送はオーシャンパックに丸投げで、仮にオーシャンパックがミスをしてもGBは確認することもままならない模様。

3-5日程度で本当に着くならシンガポール経由でも問題ないですが、中継地が多くなるとこういう問題が起きます。しかも、海外の人たちは日本人ほどきちんと対応してくれません。

もう少しお金を出して最短経路で送ってもらう方が確実かもしれませんね。

ちなみに、DHLから最終的に送られてきた際のトラッキングNOは最初のものとは異なっており、その番号でトラッキングをすると、ちゃんとシンガポールから2日で届いていました。

原因は本当にリチウムイオン?

あと結局謎だったのが、本当にリチウムイオンが含まれているから返送されたのか?ということ。

送られてきた荷物には表にそれらしい但し書きは書いてありませんでした。

やっぱりオーシャンパックが最初に発送したときにデスティネーションがSINGAPOREだったのが怪しい。

実は宛先の書き間違い、登録間違いだったのでは???

それでもGBを使ってしまうかも?

結局のところGBからの荷物の送付には時間がかかりましたが、中身はちゃんとしたものが送られてきたし、物自体は安かったし、結果オーライとしたいと思います。

おそらくまた何かが欲しくなったらGBも選択肢に入るでしょう。

海外との通販ですから、日本の常識で考えたらダメなんだと思います。あくまでも海外の人とのやり取りであることを念頭に置いて、少しは気持ちに余裕を持たないと…。さすがに19日間は長いと思いますけれど。

そういえばまだクーポンをもらえてなかった!きちんとクーポンを貰って次の買い物に使います。

ポイントサイトでお小遣い貯めよう!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

platz

興味あることはIT関連技術、デジタルガジェット、仮想通貨、インターネットやポイント、節約術などなど。新しいものや新しいことが好物。キャッシュレス社会推進派。昼間は社畜として飼われています。他の記事もどうぞご覧ください。

おすすめの記事

1

2018年5月に文書を全面改正しました。 2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていますので、2年半での全面改正です。サ ...

2

最近、UQモバイルの評判がすこぶるいいので私も気になっていろいろと調べていたところ、新規契約でキャッシュバックが得られるサイトがあることを発見。 UQモバイルの契約をご検討の方、参考にしてみてください ...

3

以前に、こんな記事を書きました。 タクシーはアプリで呼ぶ時代…日本交通の黒タクが非常に快適で感激した話 https://platzblog.com/archives/380 アプリでタクシーを呼んだら ...

-お買い物, ガジェット
-, ,

Copyright© その日暮らし , 2018 All Rights Reserved.