個人でMicrosoft Office買うなら1年更新のOffice 365 Soloがおすすめ!購入すれば手持ちの端末にほぼ入れ放題&1TBのクラウドスペースがついてくる

皆さん、個人のパソコンでMicrosoft Office使っていますか?

個人レベルでは必需品かと言われると必ずしもそうではありませんが、あるに越したことはないので出来れば持っておきたいもの。

そこで今回はMicrosoft Officeをお得に使えるOffice 365 Soloを紹介します。

Office 365 Soloとはなにか?

Office2019とかOffice2016なら知っているよと言う人は多いと思いますが、Office 365 Soloとはなんでしょうか?

これは最新版のOfficeを使える1年間のサブスクリプションタイプのサービスの事です。

サブスクリプションとは最近よく聞く「1ヶ月(1年)間○○円で使い放題!」のサービスのことで、動画配信サービスを始めサブスクリプションタイプのサービスはいろいろとありますが、Officeなどのソフトウエアでもそのような方式でのサービスが実施されています。

それでは、Office2019のようなパッケージ版OfficeとOffice365 SoloのようなサブスクリプションサービスのOfficeでは何が違うのでしょうか?

1.価格と使えるOffice製品

今までは個人がOfficeを使いたい場合は製品版のOfficeを購入してインストールすることで使っていましたが、問題はその価格の高さでした。

今販売されている個人向けのOffice Personal 2019はWord・Excel・Outlookが使えて定価で32,184円です。気軽に手を出すにはちょっとお高いですよね。

しかし、Office 365 Soloは1年という期間がありますが、12,744円で使えます。また月払い1,274円での契約も可能です。

これで、製品版のパーソナルで提供されるWord・Excel・Outlookに加え、PowerPoint・Accessなど業務でおなじみのソフトやPublisher、OneNoteも含まれています。

家でちょこっとだけ仕事したいときにPowerPointの資料をいじったり、個人事業主の人がAccessでデータを管理したいというときがあってもOffice Personalでは使えませんでした。

しかし、365 Soloを契約しておけば、PowerPointもAccessも使い放題なのであります。これで12,744円はお得だと思います。

2.最新バージョンを使う場合

365 Soloを使うとバージョンを常に最新に保つことが出来ます。

パッケージ版を最新バージョンにするにはアップグレード版を買わないといけません。

一方、Soloであれば契約期間中に新しいバージョンのOfficeが出たら、いつでも追加料金なしでアップグレードが可能です。

3.インストール対象機種が豊富

365 Soloを1つ契約することで、デバイスへのインストールが最大4台まで出来ます。パッケージ版の場合は2PCのみです。

2018年10月から以前にはあったインストールの上限台数が撤廃されました!

これで持っているデバイスにOffice入れ放題となります。

ただし、同時に動かせるのは同じマイクロソフトIDに紐づく5台まで。まあ5台もあれば十分だと思いますけどね。スモールオフィスでも使えそうです。

WindowsPC、Mac、Android、iOSに対応しているので一人で色々なデバイスを使っている場合は超オススメです。

 

なお、Office Personal 2019はWindowsPCの2台にしかインストールが出来ません。

4.1TBのストレージが無料!

365 Soloの魅力のもう一つとして、Microsoftが提供するクラウドサービスOneDrive無料で1TB使えるというサービスがあります。1TBですよ!1テラバイト!これはお得すぎます。

このOneDriveにWordやExcelで作ったドキュメントを置いておけば、上述の通り自分の持っている様々なデバイスからそのファイルにアクセスをして編集が可能です。

家でも出先でもドキュメントにアクセスして時間や場所を気にせず編集ができます。

もちろん、OneDriveはWordのドキュメントだけではなく写真や動画なども保存できます。ネットにさえつながっていればどこからでも、どの端末からでもアクセスし放題です。

以上の特徴を表にしてみました。

製品 Office Personal 2019 Office 365 Solo
定価 32,184円 12,744円(1年)
使えるソフト Word、Excel、Outlook (2019) Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access (2019) 常に最新版
使えるデバイス 2 台の Windows PC で利用可能 インストール台数は無制限、同時利用は5台まで Windows PC、Mac、Android、iOSで利用可能
使えるクラウドサービス なし 1TB のオンライン ストレージ (OneDrive)

これを見たら一目瞭然、365 Soloのお得度がわかると思います。

 

今まで365 Soloを知らなかった人も、是非Officeを購入するときは365 Soloを考えてみてはいかがでしょうか?

Soloをもっと安くする方法

しかし365 Soloがいろいろと使えて便利とはいえ、1年で12,744円という部分だけで見ると決して安いわけではありません。

少しでも安く買いたいですよね?そんな場合はセールを狙いましょう。Office 365 Soloはときどきセールを行っていることがあります。タイムセール祭りで対象になることがある印象です。

例えばAmazonでは365 Soloのダウンロード版がクーポンを利用することで表示価格より更に8%オフとなります。(2017年9月時点のキャンペーン)

現時点で11,581円で売られている商品が10,654円になります。マイクロソフトでの販売価格12,744円に比べると17%もお安く買えるということになります。

その他にも、ヨドバシカメラなどポイントが貯まる店舗で買えば、その分のポイントも付きます。直接マイクロソフトから購入するより、だいぶお得になります。

オンラインコードはライセンス更新にも利用できる

なお、ダウンロード版のオンラインコードはライセンス更新時にも利用が可能です。

すでに365 Soloを使っている人も、ライセンスの期限が切れる前にダウンロード版を購入してオンラインコード(プロダクトキー)を追加しておくと1年間の延長が可能です。

ですから、365 Soloのキャンペーンが行われてお安く手に入れられる時があれば、ライセンス期間がまだ残っていても、先に購入してライセンスを追加しておくことをおすすめします。

ライセンスの追加は https://setup.office.com/ のページからオンラインコード(プロダクトキー)を追加します。マイクロソフトアカウントでログインをしておく必要があります。

ライセンス追加は5年分可能

ライセンスの追加は最長で5年分追加することが可能です。

仮にライセンスが1,000円など激安で売られていた場合、5つ購入して5つともライセンスを登録しておくことで5,000円で5年分使えることになります。

まあ1,000円というのは極端な話ですが、セールやキャンペーンが行われていたらライセンス延長のチャンスですので、契約期間中の方も販売状況はチェックしておきたいですね。

 

ということで、個人の方がOfficeを使うのであれば、365 Soloがお得だよという話でした。ご検討下さい!