IT技術・サービスを使って生活をおトクに!豊かに!楽しく!

その日暮らし

キャッシュバック キャンペーン 日常のこと

【緊急!】3ヶ月限定!イオンカード新規会員になると最大10万円まで20%現金キャッシュバック!デビットカードも対象

更新日:

7月に入り、相変わらずPay業界の還元祭りが熱いですが、カード業界も負けていませんでした。

欅坂46をイメージキャラクターに使っている流通大手イオン系のイオンカードが、7月から9月の間、イオンカードの新規会員になると最大20%の現金還元が受けられるキャンペーンが注目を集めています。

キャンペーンの概要

まずはキャンペーンの概要ですが、要するに「7月1日から9月30日までに入会して、対象の利用機関にイオンカードで買い物してね。対象のカードはイオンマークがついていれば何でも良いよ!ただし、WAONやSuicaでの利用は対象外だよ!」ということです。後述しますが、デビットカードも対象です。

入会期間

2019年7月1日(月) ~ 2019年9月30日(月)

利用期間

①2019年7月25日(木) ~ 2019年7月31日(水)
②2019年8月25日(日) ~ 2019年8月31日(土)
③2019年9月24日(火) ~ 2019年9月30日(月)

対象カード

すべてのイオンマークのカード、デビットカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA
法人カード、サンデーアグリッシュカードは対象外となります。

特典概要

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。
対象カードに付帯されている「WAON」や「Suica」などの電子マネーご利用分はキャッシュバックの対象外となります。

キャッシュバックの条件は?

続いて各種条件です。

キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で、以下の条件を満たしている方が本キャンペーンの対象となります。

1.入会期間中に新規でご入会いただき、利用期間中に対象カードでカードショッピングのご利用があること
2.イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードいただき、対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインのうえ、本キャンペーンにご応募いただいていること
3.対象カードの引落口座がイオン銀行であること

1~3をすべて満たしている場合は対象金額の20%を、1.2のみ満たしている場合は対象金額の10%をキャッシュバックいたします。
1~3は同一カードであることが条件となります。

7月1日から9月30日の間に新規で作ったイオンカードを使って支払うこと(1)、その引き落とし口座がイオン銀行のものであること(3)、アプリからキャンペーンに応募しておくこと(2)。

この3つが達成されていれば20%のキャッシュバックとなります。引き落とし口座がイオン銀行以外の場合、10%のキャッシュバックです。

キャッシュバックは現金で!

キャッシュバックは現金です。上限はひとり10万円まで。カードを複数持っていても10万円までです。

キャッシュバックについて

キャッシュバック金額は2019年11月下旬頃に、対象カードの引落口座へお振込みさせていただきます。
本キャンペーンにおけるキャッシュバック上限金額は、おひとりさまにつき合計10万円となります。
同一名義の対象カードが複数枚ある場合、キャッシュバック上限金額は、全対象カード合計で10万円となります。(カード1枚ごとに10万円とはなりません)
1明細(1回のお支払い)ごとのキャッシュバック上限金額は1万円といたします。
キャッシュバックは、1明細(1回のお支払い)ごとに計算いたします。(1円未満は切捨て)

そしてこのキャッシュバックですが、なんと「現金」です。WAONとかポイントとかではなく、支払口座に「現金」で返ってくるわけです。言うまでもなくキャッシュバックされた現金はイオン以外どこでも使えます。

最近のPay系の還元は結局そのPayでしか使えないことが多いですが、現金でしたらそういった縛りなくどこでも使えますし、貯金にもできます。

 

気をつけたいのは1明細ごとのキャッシュバック上限金額は1万円までとのこと。

例えば、20%還元対象者(イオン銀行口座で引き落としの人)が5万円の商品を購入するとその20%の1万円がキャッシュバックされますが、10万円の商品を購入しても20%にあたる2万円は戻って来ません。1万円までのキャッシュバックにとどまります。

ですので、20%対象者が一度に5万円以上の買い物をする場合、5万円以上の分はキャッシュバック対象にならないので気をつけましょう。

もし、5万円の商品を2つ購入して合計10万円を払うのであれば、会計を2回に分けましょう。すると1万円キャッシュバックが2回、トータルで2万円キャッシュバックになります。

尚、10%還元対象者(イオン銀行以外の口座で引き落としの人)は1度に10万円の買い物をしても1万円キャッシュバックになります。

  20%対象者 10%対象者
1回の買い物上限 5万円(1万円キャッシュバック) 10万円(1万円キャッシュバック)

 

上限が10万円なので、20%還元対象者は5万円の買い物を10回まで、10%還元対象者は10万円の買い物を10回までで、1万円×10回=10万円のキャッシュバックを受けられます。

もちろん、大きな買い物だけに使う必要はなく、例えば20%還元対象者が2,000円の買い物で400円のキャッシュバックを受ける場合、キャッシュバック上限が10万円ですので250回(!)の買い物まで可能です。

ただ、期間は3ヶ月の月末の各1週間、合計3週間ですから、さすがに2,000円の買い物を250回はしませんよね…。

まあそれだけ大きなキャッシュバック枠が与えられているわけです。

その他注意事項を確認しよう

その他にも注意事項がありますので、確認しておきましょう。特に赤字のところは要確認。個人的にはApplePayも対象というのが気になりますねえ。

尚、概要や注意事項は必ず、公式サイトでもご確認ください。

本キャンペーンに関する注意事項

  • 入会期間中に新規でご入会いただいたカードが対象です。すでにお持ちのカードのご利用分は対象外となります。
  • キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で以下の項目に該当する場合は、本キャンペーンの対象外となります。
    ①引落口座が設定されていない場合
    ②対象カードを解約されている場合
    ③お支払いの遅延等が発生している場合
  • 電子マネー(「WAON」や「Suica」等)や各種プリペイドカードへのチャージ、携帯電話料金、各種公共料金、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシングご利用分、ATM手数料、その他)など、一部キャッシュバック対象外のご利用分がございます。なお、対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 当社が不適当と認めた場合等、キャッシュバック対象外とさせていただく場合がございます。
  • キャッシュバックの対象は、利用期間中にご利用いただいたもののうち、2019年9月2日(月)・10月2日(水)・11月5日(火)お引落とし分のご利用明細に記載されているご利用分が対象となります。なお、利用期間の判定は、ご利用明細に記載の「ご利用日」に基づきます。ネットショッピングをご利用された場合、商品発送日がご利用日となり対象外となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • ご利用店舗から当社へ売上伝票の到着が遅れた場合、対象外となる場合がございます。
  • キャッシュバック対象のご利用分について返品された場合、キャッシュバック対象外とさせていただきます。
  • 本キャンペーンは、すべてのお支払いが対象となります。(1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い)
    ご利用店舗によっては選択できないお支払方法がございます。
  • 対象カードにひもづく家族カードやETCカード、イオンiD、Apple Payなどのご利用分もキャッシュバック対象となります。
    他の割引企画とも併用されます。割引後のご利用金額(ご利用明細に記載された金額)がキャッシュバック対象となります。
  • キャッシュカード一体型(荘銀イオンカード等)など、引落口座をイオン銀行に設定できないカードがございます。その場合、当該カードのキャッシュバック金額は10%となります。
  • キャッシュバック金額をお振込みする時点で、引落口座が当行にお届けいただいている内容と相違している場合など、振込エラーが発生した場合はキャッシュバックの対象外となります。
  • 引落口座変更のお手続きをした場合、タイミングによっては変更前の口座と判定される場合があります。通常、変更登録には5営業日程度ですが、事務処理の都合により通常よりお時間がかかる場合がございますので、お早めのお手続きをお願いいたします。
  • 本キャンペーンは、対象カードのご入会・ご利用状況により予告なく変更・終了する場合がございます。その際はキャンペーンページ(当社ホームページ)にてご案内いたします。

対象外商品・サービスには注意!

上記のとおり、対象外となる商品・サービスもありますが、具体的にはイオンカードがPDFにまとめてくれていますので、必ずチェックしましょう。

以下のボタンを押すと、PDFファイルが開きます。

注意したいのはメルカリヤフオクのようなネットサービスでの支払い。あとAmazonのマーケットプレイス対象商品での支払い。

WAONやSuicaへのチャージ。プリペイドカードやAmazonギフト券へのチャージ。各種公共料金など。

ちゃんとした企業やお店からモノ買えよ!ということのようです。

d払いのキャンペーンと併用できる!?

7月はドコモのコード決済「d払い」で20%のポイントが付くキャンペーンを行っていますが、d払いにはクレジットカードの紐づけが可能。

そのため、d払いにイオンカードを紐づけて対象期間にd払いで買い物を行えば、20%+20%で合計40%の還元が受けられる可能性も。

独立した企業がそれぞれ行うキャンペーンなので併用したとしても問題はないはずですが、7月の買い物キャンペーン期間開始日である7月25日までにイオンやドコモから何かしらアナウンスがないかは注視しておく必要がありそうです。

クレジットカードだけではない!デビットカードも対象!

このキャンペーンで注目なのは、対象のカードの幅広さ。基本的にはイオンのマークがついていればすべてOKという感じです。(法人カード、サンデーアグリッシュカードは対象外)

イオンカードはいろいろな企業とコラボして、カードを発行しています。WAONはもちろん、Suicaなどの交通系や、ディズニー、トイ・ストーリー、ミニオンズ、リラックマなどのキャラクターデザインカード、高速道路やガソリンが割引になるカードなど、きっと自分の生活にマッチしたカードが見つかると思います。近くにイオンがなくても便利に使えるカードがたくさんあります。

そして、今回対象になっているのはクレジットカードだけではなく、イオンが発行するデビットカードも対象です。

デビットカードは銀行口座から即時引き落としが行われる現金感覚で使えるカードです。口座の中にある分しかお金を使えませんので、使いすぎる心配もありません。

現在、JCBとVISAの2種類のデビットカードがありますが、おすすめはJCBのイオン銀行キャッシュ+デビット

これはオンラインで一回の申込みでイオン銀行の銀行口座の開設からカード発行まで完結。今回のキャンペーンにはうってつけです。

JCBが使える店舗・オンラインサイトであれば支払いができますので、使い勝手もバッチリです。

 

実は私も今回申し込みました。申込みはウェブ上で5分程度で完結しました。

本人認証はカード受け取り時に証明書類(免許書や個人番号カードなど)を配達員に見せるだけということで、事前提出や印鑑提出もありませんでした。

届くまで2週間ほどかかるそうですが、今からであれば月末のキャンペーン期間にも十分間に合います。

 

ということで、このキャンペーンが気になる方は公式サイトでも確認の上、カードを申し込んでみてください!

ポイントサイトでお小遣い貯めよう!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

platz

興味あることはIT関連技術、デジタルガジェット、仮想通貨、インターネットやポイント、節約術などなど。新しいものや新しいことが好物。キャッシュレス社会推進派。昼間は社畜として飼われています。他の記事もどうぞご覧ください。

おすすめの記事

1

2018年5月に文書を全面改正しました。2019年5月に一部改正しました。 2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていま ...

2

最近、UQモバイルの評判がすこぶるいいので私も気になっていろいろと調べていたところ、新規契約でキャッシュバックが得られるサイトがあることを発見。 UQモバイルの契約をご検討の方、参考にしてみてください ...

3

以前に、こんな記事を書きました。 タクシーはアプリで呼ぶ時代…日本交通の黒タクが非常に快適で感激した話 https://platzblog.com/archives/380 アプリでタクシーを呼んだら ...

-キャッシュバック, キャンペーン, 日常のこと
-,

Copyright© その日暮らし , 2019 All Rights Reserved.