ドコモユーザー必携のdカード・dカード GOLD! 契約して得るメリットをまとめてみました 毎月の支払いが多い人ほどGOLDチャンス!

2018年5月に文書を全面改正しました。2019年5月に一部改正しました。

2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていますので、2年半での全面改正です。サイクルが早いですね。

そして2015年12月に誕生したドコモのクレジットカード、dカードdカード GOLD。このカードはドコモユーザーであれば持っていないともったいなさすぎるカードです。

シルバーのdカードは年会費実質無料(年に1度でも使えば無料)、一方のdカード GOLDは年会費が10,000円(税別)ですが、2018年4月の時点で400万会員を超えています!

10,000円もする有料なのに、なぜGOLDはこんなにも会員数を増やしているのか、そのメリットをまとめたいと思います。

dカード GOLDのメリットは?

dカードとdカード GOLD。この2つのカードをざっくり比較してみます。

dカードのホームページから図を拝借。

左のdカードでも一定のサービスを受けられますが、dカード GOLDになるとさらに特典が上乗せされます。

空港やUSJのラウンジの利用、国内旅行・海外旅行の保険、dカード GOLD年間ご利用額特典などがありますが、最も注目なのが、10%ポイント還元なのであります。

10%ポイント還元とは?

では、その「10%ポイント還元」とは何でしょうか?dカードの公式サイトには以下の通り掲載されています。

dカード GOLDにご契約いただくと、毎月のドコモケータイおよび「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元いたします。

「dカード GOLD特典」としてのポイント進呈(9%)と、dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈(1%)の合計となります。

https://d-card.jp/st/services/benefits/premiere.html

また、dポイントクラブのホームページには以下の通り掲載されています。

ドコモのケータイおよび「ドコモ光」*1*2のご利用金額1,000円*3について10または100ポイントたまります。*4

*1 ペア回線(「ドコモ光」と対になる携帯電話回線)を設定する場合は、進呈するポイント数はペア回線のポイント進呈率を適用して算定いたします。(ペア回線契約者がdポイントクラブ会員に限ります。)
*2 ペア回線を設定しない場合は、「ドコモ光のdアカウント登録」をすることでポイント進呈の対象となります。(dアカウント保有者がdポイントクラブ会員に限ります。)
*3 ポイント進呈の対象となるドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額は、各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料の金額となります(ただし、利用金額のうち位置情報/ユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除きます)。各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金、バリューコースにおける分割支払金/分割払金、d払い、ドコモ払い(一部を除く)、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償 お届けサービス」「ケータイ補償サービス/ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」ご利用時のお客様ご負担金、機種変更応援プログラム、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料などはdポイント進呈の対象外となります。
*4 毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」ご利用金額に応じたポイント進呈はご利用月の翌月10日以降となります。

https://dpoint.jp/ctrw/web/accumulate/mobile_use/mobile_use_acc_list.html

つまり、dカードGOLDを持っていない場合にドコモの利用料金に対して貯まるdポイントが1,000円に対して10ポイント(1%)であるのに対して、dカードGOLDを持っている場合には1,000円に対して100ポイント(10%)が貯まることになります。

dアカウントと電話番号が紐付いている以外、特に難しい申込みやエントリーなどは必要ありません。dカードGOLDに申し込んで、dカードGOLDを保有しているだけで10%が適用されます。

 

仮に、ドコモに支払っている金額が毎月9,000円(税抜)とします(手数料や端末代金などは除く)。

dカードGOLDを持っているユーザーは、その10%である900ポイントをdポイントとして受け取ることができます。

それを12ヶ月続けると…10,800ポイントが貯まります。カード年会費が10,000円(税抜)ですから、それだけでもカードの年会費をペイしてしまいますね。

つまり、毎月コンスタントに9,000円以上をドコモに支払っている場合、dカードGOLDの年会費は「無料」という考え方も出来るわけです。

 

上記で9,000円と書いた金額には「各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料」が含まれます。

各種手数料やコンテンツ使用量、ケータイやスマホの分割支払金、消費税などは含まれないので注意が必要です。

 

ただし引用元に記載のとおり、ドコモの携帯だけではなくインターネット回線の「ドコモ光」も対象に含まれます。

ドコモ光を契約していると最低でも毎月4,000円はかかりますから、これにスマホなどの通話・通信料を加えれば、9,000円以上掛かる人は多いと思います。

逆にドコモ光を契約していれば9,000円程度の支払いは発生しているでしょう。

その場合、dカードGOLDを持つメリットがグッと高まりますし、dカードGOLDを持っていない場合dポイント分を損しているとも言えますね。

一括請求サービスも対象!

また、家族など複数回線で一括請求サービスを利用している場合、当然ながらそれも対象となります。

ただし、対象となるのはdカード GOLDを契約している人のご利用携帯電話番号に対する請求額の10%です。

例えば、dカード GOLDを持っている人がシェアパックの家族回線の親回線となり、25,000円するウルトラシェアパック100(100GB)を契約するとその10%分の2,500ポイントが毎月付与される計算になります。

ドコモに支払う金額が高ければ高い人ほど、持って置くべきカードと言えます。

ドコモの支払いが多い場合以外のメリットは?

以上のことで、ドコモの支払いが多い人ほどdカードGOLDを持つメリットが有ることがわかりました。

しかし、それだけでは物足りないと思う人もいるかも知れません。

特に、毎月9,000円行くかいかないか、ギリギリの場合は年会費を払ってまでdカード GOLDにする必要はないかもしれません。

しかし、dカード・dカード GOLDには他にもメリットがたくさんあります。

dカードでドコモ以外の支払いでもポイントアップ

日頃のネットショッピングを行う際にクレジットカードを利用すると、ポイントが貯まるのは今や常識。

そのポイントの還元率は0.5%程度だったり多くても1.0%程度。dカード、dカードGOLDも通常の買い物は1.0%のポイントが付きます。

しかし、dカードポイントUPモール (https://docomo.pointupmall.com/)を経由して買い物を行うと、そのショップからの買い物で1.0%以上のポイントが受け取れます。

 

例えば、人気がある以下のようなショップで買い物を行う場合、ポイントUPモールを経由して買い物をし、dカード・dカードGOLDを使って支払いを行うと、通常1.0%しかつかないポイントが最大10.5%付く場合があります。

通常、購入してもあまりおまけのポイントがつかないAmazonでの支払いでも、dカードで買物をすると上乗せでポイントが得られます。以下の図では1.5%となっていますね。

 

また、dカードポイントUPモール経由でなくてもポイントの上乗せがあるdカード特約店 (http://d-card.jp/st/services/points/use.html)での利用でお得を得ることもできます。

マツモトキヨシやエネオス、タワーレコード、紀伊國屋書店などの実店舗での利用や、スターバックスコーヒーやドトールコーヒーのカードへのオンラインチャージでポイントが2.0%、3.0%となる店舗もあります。

スーパーチャンス!やdマーケットでポイントアップの条件にも

ドコモが定期的に開催しているdポイントがガッツリ貯まる「dポイント スーパーチャンス!」。dマーケットや街の店舗などの買い周りなどによってポイントが10倍とか30倍とかもらえるイベントですが(2019年初頭の魔法のスーパーチャンスでは最大50倍!)、その際のポイントアップの条件のひとつにdカードまたはdカードGOLDで支払いという条件があります。

「スーパーチャンス!」の期間内に対象ショップでdカードで支払いを行うと、通常1.0%のポイント還元にボーナスで2.0%のポイント還元、合計3.0%のポイント還元となります。

また、ドコモのショッピングサイト群である「dマーケット」の買い物でdカードを使うとポイントが2倍になるのはもちろん、ドコモのサービスである「いちおしパック」「DAZN for docomo」を契約していると、最大15倍にポイントアップします。

詳しくはこちらのサイトで。

 

最大の倍率をゲットするためにはdカード・dカードGOLDを保有していることが条件となりますので、準備しておいて損はないと思います。

私は2018年の冬のスーパァ~チャンス!で60,000円程度のグラフィックボードを購入し、買い周りなども含めて30倍還元を達成したため、18,000円程度のポイントが後日還元されました。

ゴールドのステータス!?

ゴールドカードは昔はステータスの証として持たれるものでした。

今はゴールドカードも乱立気味で、昔のようなありがたみは少し減っているかもしれませんが、やはりないよりはあったほうがステータスとしても認められます。一応審査もありますし。

ただの自己満足かもしれませんが、上述の通り毎月9,000円以上ドコモに支払いをしているのであれば持っていないともったいないカードですし、申し込んでみるといいと思います。

 

「うーん、年会費の10,000円支払う価値は見いだせないなあ…」という方も、その場合はdカード GOLDではなく年会費実質無料のシルバーのdカードをまずは持ってみて、上記のようなポイントアップを試してみては?

その後、支払いが増えたりして少しでも出費を抑えたいと思った場合にはdカード GOLDを検討しても良いと思います。

dカード・dカードGOLDに申し込んで特典ゲット

dカード GOLDの特典

dカード GOLDに申込むと、条件により以下の特典が得られます。

尚、iDキャッシュバックとはiD支払いで使えるギフトのようなもので、iD支払い時にiDキャッシュバック残高があるとそちらから支払いされます。iDが使えるところであればどこでも利用可能です。

特典1 iDキャッシュバック 2,000円分進呈3,000円分進呈

条件1 新規 / dカードまたはDCMXからdカード GOLDへのアップグレード申込み
条件2 申込みの翌月末までに入会

dカード GOLDの場合、2019年4月1日(月)~12月31日(火)の期間で特典1が1,000円分増額されます。よって3,000円進呈となります。

特典2 iDキャッシュバック 1,000円分進呈

条件1 新規申込み時にドコモのケータイ料金をdカード払いに設定
条件2 申込みの翌月末までに入会

特典3 iDキャッシュバック 8,000円分進呈

条件1 特典1の対象者
条件2 入会翌月末までに特典サイトでエントリー
条件3 合計20,000円(税込)以上のカード/iD利用

特典4 iDキャッシュバック 2,000円分進呈

条件1 特典1の対象者
条件2 入会翌月末までに特典サイトでエントリー
条件3 入会月の翌月末時点で「こえたらリボ」を毎月の指定支払額3万円以下に設定し、特典進呈月まで継続されていた場合1,000円分
条件4 入会月の翌月末時点で「キャッシングリボご利用枠」を設定し、特典進呈月まで継続されていた場合1,000円分

dカードは「VISA」がおトク!キャンペーン iDキャッシュバック 1,000円分進呈

キャンペーン期間中にdカード・dカード GOLDを新規お申し込み時に「Visa」ブランドをお選びいただくと、もれなく1,000円分のiDキャッシュバックをプレゼント。

2019/05/01~2019/09/30

これらすべてを適用した場合、合計で15,000円分になります。詳しくは以下のバナーからどうぞ。

なお、カードフェイスはドコモポイントクラブのキャラクター「ポインコ」があり・なしの2種類から選択することができます。

 

dカードの特典

ノーマルなdカードでも特典は受けられますよ。こちらは最大9,000円分です。

特典1 iDキャッシュバック 1,000円分進呈

条件1 新規 申込み
条件2 申込みの翌月末までに入会

特典2 iDキャッシュバック 1,000円分進呈

条件1 新規申込み時にドコモのケータイ料金をdカード払いに設定
条件2 申込みの翌月末までに入会

特典3 iDキャッシュバック 4,000円分進呈

条件1 特典1の対象者
条件2 入会翌月末までに特典サイトでエントリー
条件3 合計20,000円(税込)以上のカード/iD利用

特典4 iDキャッシュバック 2,000円分進呈

条件1 特典1の対象者
条件2 入会翌月末までに特典サイトでエントリー
条件3 入会月の翌月末時点で「こえたらリボ」を毎月の指定支払額3万円以下に設定し、特典進呈月まで継続されていた場合1,000円分
条件4 入会月の翌月末時点で「キャッシングリボご利用枠」を設定し、特典進呈月まで継続されていた場合1,000円分

dカードは「VISA」がおトク!キャンペーン iDキャッシュバック 1,000円分進呈

キャンペーン期間中にdカード・dカード GOLDを新規お申し込み時に「Visa」ブランドをお選びいただくと、もれなく1,000円分のiDキャッシュバックをプレゼント。

2019/05/01~2019/09/30

 

発行も年会費も無料でこれだけ特典を受けられるのは嬉しいですね。詳しくは以下のバナーからどうぞ。

こちらも、カードフェイスは2種類あります。

ドコモユーザーならこちらも外せない!ドコモ口座キャッシュゲットモール

上のdカードとは直接関係ありませんが、ドコモユーザーならドコモ口座キャッシュゲットモールに登録しておきましょう。登録するだけで100円貰えますよ。

キャッシュゲットモールを経由してネットショッピングやデリバリーを注文すると、お金が一部戻ってきます。戻ってきたお金はドコモの料金に充当したり、現金で受け取ることもできます。

詳しくは以下のバナーをクリックして解説のマンガを御覧ください!