いきなりTwitterにアクセスできなくなった&PS4のゲームでネットワーク対戦ができなくなったときに見直したい設定

令和元年の台風15号は関東を直撃し、特に千葉県南部で大きな被害が発生しました。

私は東京都におりますが、私の家でも明け方停電に…起きたらすべての電化製品が止まっていました。

すぐに復旧したので大きな被害はなかったと言えますが、小さな被害が。

Twitterが更新できない?

電力が復旧したあと、いつものようにスマホでTwitterを見ようとしたのですが、Twitterアプリから更新しようとしても読み込みマークがクルクル回って読み込めないのです。

Wi-Fi接続をLTEのモバイル接続に変更したところやっと更新できました。なんでだろう?

で、PCでTwitterにアクセスしたところ…アクセスできない。他のページにはアクセスできるのですが、Twitterにだけはアクセスできません。

ということは…家のネットワークに問題が?なんだろう?

PS4でネットワークゲームができない?

とは言ってもツイッターが見れないだけなので、気になりながらも放置していました。で、PS4でゲームをすることに。

時々暇つぶしでPS4のサッカーゲーム「ウイニングイレブン2019lite」という無料のサッカーゲームをやるのですが(下手なので全然勝てない)、その日たまたま「ネットワーク対戦でもしよっと」と思ってマッチングを行おうとしたのですが…できない。

eFootball ウイニングイレブン 2020 - PS4

5,680円(12/12 20:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

で、私気づいちゃったんです。

実は、初めてウイイレでネットワーク対戦をしようとしたときも同じように接続できなくてなんでだろう?と調べたのですが、PS4のネットワークゲームはIPoE方式のネットワーク接続ではプレーできないとわかって、PPPoE方式に設定を変えたのだったと。

Twitterのことも気になりましたが、まずはウイイレが出来るように設定を確認してみようと思いました。

IPoE接続環境確認サイトで確認をする

まずは私の家の環境ですが、回線はドコモ光を契約しており、プロバイダーはOCNです。

で、OCN光V6アルファというサービスを申し込んでいます。これは従来の接続環境であるPPPoE接続ではなく、IPoE接続に変更する無料のオプション。

技術的な説明は省きますが、IPoE接続にするとインターネットの速度が早くなるというもの。そのオプションを付けていました。

NTT(ドコモ)から借りているルータはRT-400NEです。

 

で、実はこのV6アルファの設定をしたあとでPS4を購入したのですが、上述の通りIPoE接続ではPS4でネットワーク対戦ができないということ。

また、私の家のマンションは速度の上限があり、V6アルファでIPoEにしたとしても速度の上がりが見込めないことから、PPPoE接続に戻していたのです。

 

今、自分の環境がIPoE接続なのか、PPPoE接続なのかを確認するには、OCNの場合「IPoE接続環境確認サイト」というものがあり、それにて確認できます。

停電復旧してTwitterができない、PS4ネットワーク対戦ができない、時にここにアクセスしてみたら、IPoE接続に変わっていました。

自分で戻したつもりもないですし、設定を初期化したこともないのですが、停電の影響でルータを再起動したあとからということを考えると、それを疑うしかありませんでした。

PPPoE方式に設定を変更する

そこで、接続をPPPoE方式に変えるのですが、PS4を買ってからだいぶ時間が経っているので、当時どのように設定したのか思い出せません。

ですので、かなり適当にではありますが弄ってみたところ…結果的にはRT-400NEの接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定画面で、以下の通り設定することでPPPoE接続に変えることができました。

拡張機能設定のLAN側プレフィックスの選択を自動設定(推奨)に、転送モードをインターネット優先にします。正直詳しいことは良くわかっていませんw

あと、IPv6セッションとなっているところの操作ボタンで一度「切断・停止」をしてから改めて「接続」を行いました。

その後、IPoE接続環境確認サイトで状況を見てみると、以下の通り接続環境はPPPoE方式になっています。

以上の環境にしてから、PS4のネットワーク対戦、そしてTwitterの読み込みを確認してみたところ、両方とも接続が確認できました!

PS4はIPoE方式がダメであるということが言われていますが、TwitterもIPoE方式だとダメなのか?謎なのですが、私と同じ環境で接続ができない方、是非参考にしてみてください。