Android8.0系でUQモバイルのAPNを設定する方法 dunは入力しなくてOKだよ

今年に入ってまたAndroidを使っているわけですが、久々に触ったAndroidは8.0系に進化しており、私が主に触っていた5.0、6.0系までとは設定メニューも少し変わっているようです。

UQモバイルのSIMのAPN(アクセスポイント名)設定が、公式サイトの説明の画面等とは少し異なっていましたので私の備忘録も兼ねて解説しておきます。

モバイルネットワークの設定画面へ

格安SIMを契約してネットワークに繋ぐためには、始めにAPNの設定をしなければいけません。

設定画面は端末の「設定」メニューから「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択。

APNメニュー画面が表示されたら右上の「+」をタップ。

登録する内容

アクセスポイントの編集画面が表示されるので以下の通り入力。

名前 なんでも良いのでわかりやすい名前(私は「UQ mobile」にしています)
APN uqmobile.jp
ユーザー名 uq@uqmobile.jp
パスワード uq
認証タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNタイプ  default,mms,supl,hipri

気をつけたいのはAPNタイプ。各タイプの間は半角カンマ区切りで入力します。

また、UQ公式の説明では「default,mms,supl,hipri,dun」と入力することになっていますが、dunを入力して保存をしようとすると以下のエラーが表示されますので、dunは入力しません。

携帯通信会社により、タイプdunのAPNの追加は許可されていません。

入力が終わったら、「」(3つの点のアイコン)をタップしてメニューを表示し、「保存」を選択して保存します。

元のAPN画面に戻るので、登録した UQ mobile のAPNの右側にある○をタップしてAPNを選択します。設定は以上です。

再起動しよう

設定が終わって、さあネット出来るぞ!と思っても、あれ?つながらない…となることがありますが、そういう時は端末を再起動しましょう。

端末を再起動すると、アンテナが立ち、電波が入るはずです。

再起動をしてもやっぱりネットにつながらない場合は設定や入力した文字に間違いがないかをもう一度見直します。

 

説明は以上です。Let’s Do It!