IT技術・サービスを使って生活をおトクに!豊かに!楽しく!

その日暮らし

ドコモ 携帯電話

2017年版ドコモシェアパックの寝かせデータ回線をMNP転出する手続方法と注意点まとめ

更新日:

この記事は以前「ドコモシェアパックの寝かせデータ回線をMNP転出するのはかなりコストがかかるという話」というタイトルで書いていましたが、2017年になって寝かせデータ回線をMNP弾にするのもかなりリーズナブルにできるようになりましたので、 内容を刷新しました。

2年縛りが解けて月サポも終了した場合、多くの方が純解約か、MNPウマウマ案件への移行を検討するでしょう。その場合の手続き方法と、掛かる費用についてまとめています。

また、2年縛り中の方にも参考になる情報をまとめていますので、ご覧ください。

まずはデータプランから音声プランに切り替える

MNP転出をする場合は音声プランにしておく必要がありますので、まずはデータプランから音声のシンプルプラン(980円)へと変更しましょう。

以前は2年縛りのデータ契約中に音声のプランに変更すると新たな2年縛りが発生していましたが、2016年6月からそのルールが撤廃されたそうです。(コメントを頂いたなお様ありがとうございました!)

撤廃された時点ではまだデータのルータプランのほうが基本料金が安かったので、変更するメリットはありませんでしたが、2017年になってシンプルプランが新たに設けられたことから、980円で回線が持てるようになりました。

それならばわざわざデータプランで寝かせ続ける必要はありませんね。なので、更新月が来る前にシンプルプランに変更して音声化することをお勧めします。

尚、月の途中で基本プランを変えると、その月の基本料金は2つのプランのうちどちらか高い方が適用されます。

例えば、2年縛りのあるデータプラン(ルータ)から2年縛りのシンプルプランに変えた場合、1,200円 or 980円となるので、前者の1,200円がかかります。

日割りにはなりません。月の初めに変更しようが後で変更しようが、高い方が満額とられます。残念ですが諦めましょう。

また、2年契約が終わって2ヶ月間の更新期間中であっても、2年縛りありのシンプルプランに変更することは可能です。更新期間中であれば、シンプルプランに変更後に解約をしても違約金は取られません(ドコモに確認)。

シェアパックは実質必須!外さないようにしよう

データプランのまま持つにしても、音声のシンプルプランに変えるにしても、複数回線の副回線として持つ場合はシェアオプション(500円)は必須です。

まず、データプランは厳密に言えばシェアオプションが実際のところ「必須」ではありませんが、シェアオプションを外すと勝手にひとり利用用の「データSパック」(2GB・3,500円)が適用されてしまいますので、「実質的には必須」ということになります。

これは「みなしのデータパック」と言われるもので、このこと自体は最初の契約時に説明があったはずです。

データプランの回線にはなにかしらシェアパック(シェアオプション含む)をつけておく必要があり、なにも契約しないと「あ、ひとり利用なのね」とシェアグループから抜ける形にされ、勝手にデータSパックが追加されてしまいます。

副回線で寝かせている場合、おそらく500円のシェアオプションを付けていると思いますが、絶対にはずさないようにしましょう。

「更新月になったし、月サポ切れたし、月サポ条件のシェアパック(シェアオプション)もいらんやろ~」と音声プランのようにサクッとシェアパックを解約すると、みなしのデータプランが自動でついてきてひどい目にあうので注意。(私が経験者です)

また、音声のシンプルプランに限ってはシェアパックが必須です!家族利用が前提のプランなのです。これは外すことが出来ませんので、パケットを使うつもりがなくてもシンプルプランにはシェアパックがついてきます。

ちなみにカケホーダイ、カケホーダイ・ライトはシェアパック・シェアオプションは不要です。

SPモードなどプロバイダオプションは契約しなくてもOK

SPモードやiモード、moperaなどのプロバイダオプション契約は解約してもOKです。

というか私は最初から契約していませんし、寝かせている人はほとんどそうじゃないでしょうか?。

月サポを受けるにはシェアパックを付けることを条件にしている反面、なぜかSPモードやiモードは必須ではありません。

そもそもプロバイダのオプションってなんなんでしょうね。格安SIMなら自分でAPNを設定さえすればプロバイダオプションもいらないんですけど。

シェアパック・シェアオプションが必須なのにSPモード・moperaが必須じゃないというのも意味不明ではありますが。

MNP弾が完成!最安で1,480円

ということで、ここまでをまとめますと、以下のようになります。

 

- シンプルプラン2年縛りあり 980円に変更

- シェアオプション500円はそのまま

- プロバイダオプションは不要

ということで1ヶ月1,480円のMVP弾回線が出来上がります。

加えて、MNP転出する場合にはMNP転出料金が2,000円かかります。auやソフトバンクは3,000円ですので、もしかしたらドコモもいつか3,000円になるかもしれませんが…。

月に3回プラン変更を行うと手数料が取られる

これは余談ですが、月中に3回基本プランの変更を行うと、1,000円の手数料を取られますので注意!私も一度とられたことあります…。

Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。

ポイントサイトでお小遣い貯めよう!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

platz

興味あることはIT関連技術、デジタルガジェット、仮想通貨、インターネットやポイント、節約術などなど。新しいものや新しいことが好物。キャッシュレス社会推進派。昼間は社畜として飼われています。他の記事もどうぞご覧ください。

おすすめの記事

1

2018年5月に文書を全面改正しました。 2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていますので、2年半での全面改正です。サ ...

2

最近、UQモバイルの評判がすこぶるいいので私も気になっていろいろと調べていたところ、新規契約でキャッシュバックが得られるサイトがあることを発見。 UQモバイルの契約をご検討の方、参考にしてみてください ...

3

以前に、こんな記事を書きました。 タクシーはアプリで呼ぶ時代…日本交通の黒タクが非常に快適で感激した話 https://platzblog.com/archives/380 アプリでタクシーを呼んだら ...

-ドコモ, 携帯電話
-, , , , ,

Copyright© その日暮らし , 2018 All Rights Reserved.