IT技術・サービスを使って生活をおトクに!豊かに!楽しく!

その日暮らし

プログラム開発 設定

WordPressの過去記事をSQL文を使って一気に削除する方法

更新日:

WordPressで過去の記事を一気に消したいなあ…と思った時にはプラグインを使う方法がありますが、結構時間がかかるし、時間がかかりすぎてタイムアウトになったり…。

あー、どうしたらいいんだ!とお悩みの皆さんお待たせしました~。

MyPhpAdminが使えれば投稿した記事はSQL文を投げるだけですっきり消すことが出来ますよ。

投稿した記事や関連のデータが納められているテーブルは wp_postswp_postmetaの2つのテーブルです。

まずはwp_postsテーブルからデータを消します。

例えば、「2017年1月1日以前のデータを消す」場合、以下のようなSQL文になります。

DELETE FROM wp_posts WHERE `post_date` < '2017-01-01 00:00:00'

これで2017年1月1日より前に投稿されたデータは削除されましたので、テーブルの中身を見てみます。

IDでソートして一番数字が小さいものを探します。探したらそのIDをメモします。

次にもう一つのwp_postmetaテーブルからのデータ削除です。こちらのテーブルは日付がないため、先ほどメモしたIDを使います。

wp_postsテーブルではそのIDより小さいデータは消してしまってないので、wp_postmetaテーブルでもそのIDより小さいデータを消します。

メモしたIDが12345の場合は以下のとおりです。

DELETE FROM wp_postmeta WHERE post_id < 12345;

以上で過去データの削除は完了です。

 

SQLを工夫することで、もっと違う条件で削除することもできますが、ここから削除されると復元できませんので、慎重に。

またくれぐれも自己責任で!削除前にはデータベースやテーブルのバックアップもお忘れなく。

ポイントサイトでお小遣い貯めよう!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

platz

興味あることはIT関連技術、デジタルガジェット、仮想通貨、インターネットやポイント、節約術などなど。新しいものや新しいことが好物。キャッシュレス社会推進派。昼間は社畜として飼われています。他の記事もどうぞご覧ください。

おすすめの記事

1

2018年5月に文書を全面改正しました。 2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていますので、2年半での全面改正です。サ ...

2

最近、UQモバイルの評判がすこぶるいいので私も気になっていろいろと調べていたところ、新規契約でキャッシュバックが得られるサイトがあることを発見。 UQモバイルの契約をご検討の方、参考にしてみてください ...

3

以前に、こんな記事を書きました。 タクシーはアプリで呼ぶ時代…日本交通の黒タクが非常に快適で感激した話 https://platzblog.com/archives/380 アプリでタクシーを呼んだら ...

-プログラム開発, 設定
-, ,

Copyright© その日暮らし , 2018 All Rights Reserved.