いきなり仮想通貨マイニングに飛びついた素人情弱マイナーがGeforce GTX 1060 3GBのグラボを選んだ理由

いきなりですが、いま仮想通貨のマイニングがマイブームになりつつあります。

知らない人からすれば「マイニング?なにそれ?」でしょうし、既に始めている人からは「遅えよ!オワコンだよ!w」と言われるかもしれませんが、まあ、興味を持っちゃったんだからやるしかありません。Just do itなのであります。

今回はそんな自分がマイニングのために購入したグラフィックボードについて紹介します。

マイニングとは何か?というのは割愛

「マイニングとはなにか?」とか概要的なものは今回割愛します。

ちなみに、私のマイニングに対する姿勢はあくまでもお遊びレベル。ちょっとでもプラスになればいいかなと。仮想通貨を持っていれば将来値上がりすることも考えられますので、今のうちに掘り掘りしておこうかな~。てな軽い気持ちです。

先月くらいからCPUでマイニングをダラダラしていましたが、それじゃ効率が悪いし、CPUを痛めるのも良くないなと思ったので、GPUを導入することにしました。

また、私のグラボに関する知識はド素人級です。自作は昔からしていたのでNVIDIAとかAMDとかあるのは知っていますが、基本的に「映ればいいんだよ」という考えなので、普段ならオンボードVGAでいいじゃんという感じです。

そんな感じなので、間違いが含まれているかもしれません。間違いがあれば、やさしくご指摘いただけると嬉しいです(笑)。

なぜGeforceを選んだのか?

マイニングには「AMD RADEONビデオチップを積んだグラフィックボードが有効」という話は小耳にはさんでいましたが、そのせいでRADEONは品切れ続出状態なんだそうで。しかも、RX480/470という現在は型落ちのチップを積んだ中古グラボも軒並み値上がり状態。

そこでもう一方の雄、NVIDIA GeForceビデオチップ搭載のグラボにも注目が集まるのですが、マイニングを行うことのできるアルゴリズムがRADEONよりGeForceの方が多岐に渡るんだそうで。ということは色々な種類の仮想通貨を掘れると。

また、マイニングやゲームをやらなくなった後に中古品として処分することを考えた場合、リセールバリューは圧倒的にGeForceなんだそう。(私は元々ゲームもしませんが)

マイニングがいつ廃れるかもわかりませんので、そう考えるとわざわざ品薄のRADEONを買うよりいろんな種類にも対応しているGeForceでよいかなと考えたわけです。

あ、あと長時間継続して掘っているとRADEONはハッシュレートが落ちてくるという話も参考にしました。

なぜGTX 1060 3GBを選んだのか?

コストパフォーマンスが良いということでしたのでGTX 1060にしました。

実際、お遊びにお金を出せる範囲としてはせいぜい2万円台がいいところ。1080とか1070とかになると3万から5万とか10万!とかになりますのでそれは無理です。

また、メモリ3GBにしたのはなぜかというと、6GBを積んだグラボと価格差ほどの性能差が見られないためとのこと。

6GBだと3万円前後がメインかと思いますが、3GBであれば2万円台で選べるグラボがいくつかありましたので、3GBにしました。

そして!最終的に私が選んだのはGIGABYTE GeForce GTX 1060 WINDFORCE OC 3G (GV-N1060WF2OC-3GD)です!!

[amazonjs asin="B01L0ZR7OA" locale="JP" title="GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GV-N1060WF2OC-3GD"]

なぜGV-N1060WF2OC-3GDを選んだのか?

まず、単純に安かったからということ。

購入したのは秋葉原のショップ「パソコン工房」でしたが、税込24,480円。なんでそんなに安いんだろう?購入時の価格コムでの最安は28,968円でした。パソコン工房でもネットだと28,968円なんですけどね。

どのグラボにしようか迷っていた時に目に飛び込んできたので、即決しました。

今はショップに行かなくてもAmazonとかネットでも安く買えますが、ショップに行くと思わぬ掘り出し物があったりするから、それはそれで面白いんですよねー。

で、他に検討したグラボは以下の通り。

[amazonjs asin="B01KNVBJOG" locale="JP" title="玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-3GB/OC/DF"]

[amazonjs asin="B01L0ZR7IG" locale="JP" title="MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 3G OCV1 グラフィックスボード VD6142″]

[amazonjs asin="B01KMVHB6M" locale="JP" title="ASUS NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード オーバークロック メモリ3GB DUAL-GTX1060-O3G"]

候補とした理由は「ファンが2つあって冷却効果が見込まれるから」(小並感?)。

ショート丈のグラボもあってそちらの方がさらにお安いですが、それだとファンが1つで冷却効果がどうなのかな?という懸念があったので。マイニングにグラボ冷却は影響大らしいです。

一応、ない知識を絞り出して考えてみました。GeForce 1060 3GBという選択肢の中でさらに絞った理由はそれくらいですね。

PCに装着してみた!

ということで、自宅に戻りさっそく装着。

高性能グラボを購入したのは初めてで、確かにその大きさ・重さにびっくり。

私のPCの筐体はミドルクラスのタワー型だったので入らないことはないなと思っていましたが、HDDが邪魔だったのでHDDの位置を上にずらしてグラボを取り付けました。

 

PCを起動すると普通に認識し、モニタにも画面表示されます。ドライバの設定は自動で行われました。特に小難しい設定はしていません。

懸念されたファンの騒音は普通に使うレベルではまったく問題なし。

これでマイニングの準備はOK!設定などについては別の記事で紹介します。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック(CoinCheck)にも登録しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin