“あったかいんだから~” 丸亀製麺で「だし玉肉うどん」を食べてきた!

セルフ讃岐うどんのチェーン店「丸亀製麺」で3月末から期間限定メニューとして販売されている「だし玉肉うどん」を食べて来ました。なかなかの見た目のインパクトに惹かれたために足を運んでみたのですが、見た目だけじゃないしっかりとした商品でした。

だし玉は注文してからお店で焼いている

私が行った時間は夜の9時ころというピークから外れた時間でしたが、既にお客さんが2名。そのお客さんも「だし玉肉うどん」を注文していました。注文口で店員さんに「だし玉肉うどん」を注文すると「玉子を焼くのに2分ほどお待ちください」と告げられます。前のお客さんの分を合わせると5~6分ほど掛かることに。

カウンターのすぐ後ろの調理場では若いバイト君がだし玉を焼いていたので観察。玉子焼き用のフライパンにだし玉を流しこみ暫く放置して焼きます。その間に甘く煮てある牛肉とネギをどんぶり内で混ぜあわせ、火が通った玉子の上に乗せます。最後に玉子を肉の上に二つ折りにして被せてうどんに乗せるだし玉の完成。角皿に乗せて注文口の店員さんに渡します。

注文口では店員さんが既に茹でたうどんに出汁をかけて待機。そこに角皿からだし玉を滑らせて乗せ、ネギ、大根おろし、揚げ玉を乗せ、最後に追加で出汁をかけて完成です。

バイト君は黙々とだし玉を焼いています。私のあとから来たお客さんも「だし玉肉うどん」を注文しましたので、4連続でだし玉調理w 「だし玉を焼くために丸亀製麺で働いているわけじゃないのに!」というバイト君の叫びが聞こえましたw

 590円も納得の一品

並盛590円、大盛り690円。セルフうどんのメニューとしては若干高めかと思いましたが、実際に食べてみると納得です。

もともとベースのうどんのクオリティは高いですし、そこにお店で手間をかけて焼き上げた肉入りのだし玉は食感、味付けともにとても良い感じで箸が進みます。

私は食事は見た目が大事だと思っていますが、その点も合格ですし、玉子を開くと中からお肉が出てくるというギミックwもグッド。見てよし、食べてよしなのであります。

ピーク時間を過ぎてもお客さん4人連続で注文されるような商品ですし、丸亀製麺はとても良い商品を開発したと思います。

2015-04-02 20.49.38ちょっと寄り過ぎ…

レギュラー化は難しいか?

これだけのメニューであれば是非レギュラー化をお願いしたいところですが、難点はやはりお店で卵を焼くことの難しさでしょうか。

セルフうどん店はスピードが命。その中で玉子焼きに2分も掛かるということはお客さん的にも、お店的にも、ネックになることは否めません。かと言って、先に焼いたものをおいておいたり、外注したものを仕入れたりしてはこの商品の売りが死んでしまいます。残念ながら常設のレギュラーメニューにするのは少し厳しいかなという印象です。

ならば、販売している最中に食べに行くしかありません。おそらく私はあと2-3日位は食べに行くと思いますw それだけ、お気に入りの商品になりました。

ただ「あったかいんだから~」は少し時期を逸した感は否めませんw もう4月なんだし…