IT技術・サービスを使って生活をおトクに!豊かに!楽しく!

その日暮らし

投資・投機

DMM FXの口座を開設して20,000円のキャッシュバックをもらおう!小口からでも運用可能 FX初心者が気を付けたい点とは?

更新日:

今回、DMM FXの口座を開設してFX運用を再開することにしました。

私は何度もFXで失敗していますので怖さは十分に分かっていますが、人間は学習する生き物ですから(笑)失敗を元に再チャレンジです。

と言っても一番の狙いは口座開設で貰えるキャッシュバックなんですけど。



ということで、今回はFX初心者が気を付けたい点とDMM FX口座開設で貰えるキャッシュバックの貰い方まとめます。

FXをはじめてみよう!…でもFXとは?

そもそもFXとはなにかという点。前半はFX取引の概念についてです。ご存じの方は後半まで読み飛ばして、どうぞ。

FXという言葉はよく聞くと思いますが、これはForeign eXchangeの略で外国為替証拠金取引のことを言います。

御存知の通り、世界には各国・各地域で利用されている通貨が存在します。それらの通貨は変動相場制のもと、価値が日々刻々と変わっています。

円高になった、円安になったというニュースを聞かない日はありませんが、一般的には土日を除いて通貨の価格というのは24時間変わっています。

その「為替高・為替安」の差益を狙って資産を増やすのがFX取引です。

主に銀行がやっている外貨預金が中長期的な視点で為替差益以外にも海外の高金利による利益を狙うのに対して、FXは日々の短期的な取引で差益を狙うのがメインになっています(FXにもスワップポイントという金利分の差益もあります)。

なお、FXは元本保証はされません。場合によっては負ける、つまり損失を被ることもありますが、適正な判断をすることで最終的にはプラスで進めることが可能です。

ではそのためのそのコツとはなんでしょうか。

レバレッジを適正に設定する

FX取引の特徴は証拠金取引と言われる方法による取引で、自己資金以上の取引が可能です。

レバレッジ(レバ)と言われる倍率を業者によっては自分で設定することが出来ます。

例えば10万円の資金を元に取引を行おうとした場合、通常であれば10万円しか使えないはずですが、レバを10倍に設定した場合、100万円分の取引が可能です。

その場合、たとえば1ドルが100円の時には最大で10,000通貨(10,000ドル分)を買うまたは売ることが出来ます。

そして1ドル100円のときに10,000通貨を買い、その後1ドルが100円から101円になった時に売ると、1円の為替差益×10,000通貨で1万円の儲けとなります。

元手が10万円しかなくてもレバ10倍で取引をすると、1円上がれば11万円にすることが出来ます。

本来は100万円持っていなければできないことをレバ10倍にすることで1万円もの儲けが可能となるのです。

そして、業者に預けるこの元手資金の10万円のことを証拠金といいます。だから証拠金取引というのですね。

 

しかしそれとは逆に100円が99円になった場合、1万円を損することになります。ここで決済をしてしまうと10万円の資金が9万円に減ってしまいます。

ですから、レバレッジを高く設定することで大きな資金を動かすことが出来る一方、あまり高い設定にするとその分リスクも伴うということです。

レバを1倍のままにすれば自己資金の範囲内での取引になりますので安心ではあります。

例:自己資金が10万円で、購入できる最大の通貨を購入したときの損得

レバレッジの設定 購入または売却できる最大量 1円上がると↑ 1円下がると↓ 自己資金の変化
レバ1倍の時 1,000通貨 1,000円プラス 1,000円マイナス 10万円±1,000円(1%範囲内の変動)
レバ10倍の時 10,000通貨 10,000円プラス 10,000円マイナス 10万円±10,000円(10%範囲内の変動)

ということで、レバが高ければ高いほどハイリスクハイリターンとなります。

ただ、レバが高くてもその分多くの証拠金を預けていれば、リスクは低く出来ます。

ちなみに、レバは日本の業者ですと現在は25倍まで設定できますが、昔は100倍掛けることも出来ました。

現在は海外の業者では100倍を越すハイレバレッジを設定可能にしているところがあります。

損失が拡大したら潔く負けを認めよう

予想に反してマイナスが生じた場合「決済しなければ負けにならないやんけ!100円に戻ればいいだけやんけ!」と思いがちです。

しかし、そういう時に限ってずるずる自分の思いとは逆の方に行ってしまいます。

そういう時は勇気を持って決済しましょう。いわゆる損切りです。負けを認めるのです。

最初から○円○銭動いたら決済するということルールを決めて臨みましょう。

損切りが出来ない間はおそらく勝てないでしょう。はい、それが私です。

もし勝てているとしてもそれはただのラッキーでしかありません。

証拠金維持率は高めに保つ

さて、上記では証拠金で買える最大量を使った場合を例に挙げましたが、これは悪い例です。

証拠金をすべて投入する、いわゆる全ツッパ全力買い(または全力売り)はやめましょう。

上の表の例でみると、資産10万円、レバ10倍で10,000通貨を買って1円下げると1万円分のマイナスが生じ、その時の証拠金維持率は90%になります。

おおくの業者では証拠金率が80%や70%を切ると強制決済されたり(強制的に損切りされる)、追証と言って追加で証拠金の入金を求められます。

そりゃそうですよね。10万円を担保にプラス90万円を貸しているのに、維持率が減ってきたら担保となる元手が減ることになり、貸している側としてはリスクが高まりますから。

仮に資産10万、レバ10倍、1ドル100円のときに10,000通貨ではなく、5,000通貨の取引にしておけばその時点での証拠金維持率は200%となり、1円下げても180%と余裕があります。

ですので、全力で行くのはやめましょう。証拠金維持率は200%あればある程度は安心かなと思います。

余談ですが、全ツッパは元はパチスロ用語の模様。しかしネット(掲示板など)では株やFX、仮想通貨でも全資金を投入することを全ツッパって言っていますね。

残り証拠金でのナンピンはしない

もし1ドル100円の時に5,000通貨買ったドルが99円になってしまた場合、マイナスを取り返すには1ドル100円に戻らなければなりません。

しかし、証拠金が残っているのであれば99円でもう5,000通貨買うことで平均値を99.50円にすることが出来ます。

100円に戻すのは遠いけれど99.50円ならすぐに戻るかも!?そう思って追加で購入しがちですが、これもやめましょう。(こういう買い方をナンピン買いと言います)

証拠金を使えば証拠金維持率が下がります。もしこのままズルズル下がった場合には目も当てられません。

負けているときに証拠金維持率を下げてまでナンピンをするのはリスクが高すぎます。我慢我慢です。

ナンピンをするくらいなら損切をしましょう。

全戦全勝はあり得ない

例えば、プロ野球チームで「このチームは強い!」というチームでも、全勝することはありません。

FXについてもそうです。全勝なんてありえません。10:0ではなく6:4を目指しましょう。勝率6割でいいのです。

「1円上下に動いたらプラスであってもマイナスであっても決済する」というルールを設定した場合、勝率5割以上をキープできれば負けることはありません。

 

さて、私が伝えたいFXで初心者が気をつけたい点は以上です。心構えができたらとにかくやってみましょう。Just do itです。

なお、投資はあくまでも自己責任で。失敗も糧にして勝てる方法を自分なりに探していきましょう。

また、余剰資金の範囲内で楽しみましょう。

 

ここからはDMM FXに申し込んでキャッシュバックを受ける方法をまとめます。

DMM FXで口座開設をしてキャッシュバックを受け取ろう!

私は2017年11月にDMM FXの口座を開設しました。

キャッシュバックが20,000円受けられるというのはもちろんなのですが、FX業者の中でも口座開設数1位ということで、多くの人から支持されている業者だというのも決め手です。

では、そのキャッシュバックを受け取る方法をザッーっとまとめていきます。

なにはなくとも口座開設

これです。口座開設をしなければ始まりませんので、DMM FXを行っているDMM.com証券のホームページから口座開設を申し込みます。

なお、この口座を開設すると10,000円から一口馬主になれると話題のDMMバヌーシーの申し込みも出来るようになります。IDが共通なんだそうです。

以下のバナーからDMM FXのページにアクセスできます。



口座開設には必要な情報を入力し、免許証とマイナンバー通知カードなど、身分証明書の写し(写真で可)をWebやメール添付で送ることで受付となります。

で、すぐに始めたいところではありますが、始めるにはログイン用のID・パスワードが必要で、これは簡易書留郵便で送られてきますので、それを待たなければいけません。

ただ、DMMでは「最短翌日」を謳っているとおり書類はすぐに発送されてきますので、待たされる時間は短いと思います。

私の場合は水曜日午前にWebで申し込んで、翌日には簡易書留郵便が届きましたよ。

簡易書留郵便は郵便配達員から直接受け取る必要がありますので、不在時に届いたら再配達を申込むか、自分で郵便局に取りに行く必要があります。

取引アプリ&バーチャルアプリをダウンロードしておこう

DMM FXではアプリによる取引も可能です。

というよりも20,000円のキャッシュバックを受け取るためにはアプリでの取引が必須になってきます。パソコンだけですと最大10,000円に留まりますのでアプリでの取引に挑戦しましょう。

iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Play Storeからダウンロード可能です。

ただし、アプリを使い始めるには郵便で送られてくるIDとパスワードが必要ですので、すぐに使うことは出来ません。

 

それまではDMM FXがFX取引アプリとは別に提供している「FXバーチャル」という仮想取引アプリで練習をしておきましょう。

バーチャル取引(仮想取引)ではアプリ内で使える500万円を受け取ることが出来、その500万円を取引の練習に使えるのです。もちろん500万円を引き出したりは出来ませんw

FX自体が初めての人はもちろん、DMM FXが初めての人もアプリの練習としてやっておくほうが良いでしょう。業者が違うとアプリの使い勝手も異なりますからね。

FXアプリとFXバーチャルアプリは見た目も機能もほとんど同じです。それが自己資金で行うか、仮想資金で行うかの違いです。アイコンも以下の通り違います。

ちなみに「FXバーチャル」は実際のFXとは別に申し込みが必要になります。

申し込みと言っても実際の取引とは違ってあくまで仮想の環境ですから、バーチャルFXアプリを起動して自分のメールアドレスと使いたいパスワードを入力するだけで申し込みは完了ですぐに使えます。身分証明は不要です。

本番のアプリで始める前に十分練習しておきましょう。

キャッシュバック条件 その1 初回10万円以上を預けよう

DMMからログイン情報の郵便が届いたら、内容を確認します。

ログイン情報が書かれた通知書と取引の流れをまとめた漫画の冊子がついてきます。漫画はWebで見られるものと同じですが、こちらも目を通しておくと良いでしょう。

ログイン情報を元にDMM FXにログインしたら、初回の入金を行います。こちらはキャッシュバックを受け取る場合、初回入金として10万円が必要になります。5万とか1万とかの入金では対象になりません。また、5万を入れてあとから5万、合計10万円でもダメです。あくまでも「初回10万円」が必要になります。

これを満たせなかった場合はその時点でアウトなので気をつけましょう。

入金はアプリでもWebからでも可能です。クイック入金を使えば即時FXの口座に預け入れることが可能です。

対象の銀行は380行もありますので、お持ちのどの銀行からでも入金可能となるでしょう。

以下の画面はアプリのクイック入金画面です。確認ボタンを押したあと、ネットバンキング画面から入金手続きをします。

キャッシュバック条件 その2 アプリで500ロット以上の注文をしよう

入金ができたら、さっそく取引をします。

取引はアプリ・Webどちらからでも出来ますが、キャッシュバックを20,000円受け取るにはアプリから行う必要がありますので、せっかくなのでアプリで取引をしましょう。

アプリについては上述の通り、バーチャルのアプリもありますので十分に取引の練習をしておくと良いでしょう。

20,000円のキャッシュバックを受け取るにはスマホアプリだけで500ロットの取引が必要です。

では、その500ロットってどれくらいの取引なんでしょうか?

 

「ロット」とは注文数のことです。つまり500注文する必要があります。1度に500ロットの取引をすれば1度で終わりますし、1ロットずつ行うのであれば500回の取引が必要です。

「じゃあ、1度で500ロットやったら楽勝やん!」となりますが、500ロットを取引するにはそれ相応の証拠金が必要になります。

1ロットに必要な証拠金は日々変動するためこれといった数字を示せないのですが、ドル円(USD/JPY)であればその時のレート×400が目安になります。

1ドル100円の時は40,000円が必要になります。よって1ドル100円の時に500ロットを一度に取引する場合は2,000万円!…アウトです。無理です。一度で500ロットなんて。

 

ということで、逆に預入れた証拠金から計算をしてみます。

今回の初回入金の条件10万円で証拠金を預けた場合、証拠金÷レート(ドル円)÷400で計算できます。

1ドル100円の場合100,000円÷100円÷400=2.5になるので、2ロットまで扱うことが出来ますね。

現在のレートは約110円です。この場合も2.27程度になるので最大2ロットまで扱えます。

2ロットの取引を行う場合、条件達成までは250回の取引が必要となります。

 

FX取引は土日を除く月曜から金曜が営業日となりますので(日本の祝日でも海外市場が開いているので取引はできます)、条件である取引期間3か月間の営業日はおよそ60日。

2ロットごとの取引250回を60日間で行う場合、1日平均4-5回の取引を行えば3か月のうちに条件クリア可能です。

取引をしている間に利益が出れば証拠金が増えるのでロットを増やすこともできます。逆に損失が出ればロットを減らす必要が出てきます。

ロットを減らすと取引回数を増やさないといけなくなりますので、損失が出ることが内容、焦らずに少しの利益でも利益確定をしていくようにしましょう。

また損切りは早めに行い、次の注文で勝てるようにしましょう。

 

なお、証拠金が増えてきたらロットを増やしてもよいのですが、上述の通りロットを増やすことで証拠金維持率が下がることにもなりますので、増やしすぎてもいけません。

そのあたりはバランスですので、自分の懐具合と相談して取引をしてみましょう。全ツッパはやめるようにしましょう。

私の場合はできれば早めに終わらせたいので、とりあえず15万円を入れて2~3ロットではじめています。

 

ということで、ひとまず記事はここまで。トレードやキャッシュバックの結果はまた後日公開します。

現在のところちょっとマイナスになっていますが^^;、そこそこ順調です。

 

一緒に20,000円キャッシュバックゲットを目指しましょう!



おまけの情報 FX口座経由で無料で銀行間送金が可能に!

このようなFX口座を持っておくと、結果的に「他行振込み」が無料でできます。

例えば、自分が持っているA銀行からB銀行の口座に振込(資金移動)を行う場合、無料枠がないと振込手数料がかかりますよね。

しかし、FX口座を介するだけで無料でお金の移動が可能になります。

 

まずはA銀行からDMM FXの口座にクイック入金で送金。これは無料で即時反映されます。

そのあとで、FX口座からB銀行に出金処理。こちらも無料で可能です。

出金には翌営業日など時間がかかることがありますが、このようにFX口座を経由すると手数料無料でお金を動かすことが出来ます。

そういった意味でもFXを使わない人でもFX口座を持っていると便利ですよ。

ポイントサイトでお小遣い貯めよう!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

platz

興味あることはIT関連技術、デジタルガジェット、仮想通貨、インターネットやポイント、節約術などなど。新しいものや新しいことが好物。キャッシュレス社会推進派。昼間は社畜として飼われています。他の記事もどうぞご覧ください。

おすすめの記事

1

2018年5月に文書を全面改正しました。2019年5月に一部改正しました。 2018年5月にドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」がリニューアルしました。その前は2015年12月に改正されていま ...

2

最近、UQモバイルの評判がすこぶるいいので私も気になっていろいろと調べていたところ、新規契約でキャッシュバックが得られるサイトがあることを発見。 UQモバイルの契約をご検討の方、参考にしてみてください ...

3

以前に、こんな記事を書きました。 タクシーはアプリで呼ぶ時代…日本交通の黒タクが非常に快適で感激した話 https://platzblog.com/archives/380 アプリでタクシーを呼んだら ...

-投資・投機
-,

Copyright© その日暮らし , 2019 All Rights Reserved.