その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

ドコモ iPhone5s 32GB ゴールド + Xperia Z1 f SO-02F MNPあわせて9,800円+CB15,000!購入&プラン変更編

   

さて、お店に到着。予約してあるから話は早い。カウンターに通してもらい、取置しておいてもらったZ1 fとiPhoneを用意してもらう。書類を書いて、条件などを確認し、契約を通してもらうことに…。しかし3/1は忙しいのか、受け取りまでに2-3時間は時間がかかるということで、一旦その街を離れて別の街へ買い物に…。

約束の時間に再来店。無事受取り完了。最新機種2台で9,800円。CB15,000円も貰えるっていうんだから。使っておいてなんだけど、なんか間違えていると思うよw

買ったその足で近所のドコモショップへ。契約プランを変更してもらうため。

まずはiPhone。iPhone用のSIMについてはパケット定額オプションをらくらくフォン用の「Xiらくらくパケ・ホーダイ」に変更できるという噂があった。Xiらくらくパケ・ホーダイはらくらくスマートフォン2(F-08E)向けのプランで、らくらくスマートフォン2でしか実際の通信に利用できないが、契約変更自体は端末関係なく出来るそうだ。Xiパケ・ホーダイ for iPhoneの5,460円から2,980円へ。月2,480円ほどの節約になる。iPhoneの月々サポート2,940円はそのまま残るため、結果として回線を月300円程度で持つことができる(MNPののりかえ割も適用)。

ただし、この変更については出来る・出来ないなどの話が錯綜しており、私も実際にできるかどうか不安だった。ドコモショップのお姉さんに変更の希望を伝えると第一声は「それはできません」という答えだった。しかし「契約上付けることは出るはず」「他の端末で通信に使えないのは分かっている」などこちらから丁寧に説明し、お姉さんがセンターに問い合わせた結果「できる」事を確認。無事変更となった。ちなみに手数料とか、SIM交換とか、らくらくフォン2の実機提示とかは不要だった。

ひとつ残念なのはXiらくらくパケ・ホーダイを契約すると、その回線からSPモードが外せないらしい。帰宅してからmydocomoでSPモード外しを試したが出来なかった。外せたら0円にかなり近づいていたのに。

もうひとつ残念だったのは。3/1からXiらくらくパケ・ホーダイが適用になったが、同月内にパケットプランの変更を行うと、高い方のプランの利用料が請求される。つまりもともと契約していたXiパケ・ホーダイ for iPhoneの利用料が請求される。おまけにXiらくらくパケ・ホーダイが3/1から適用という事はらくらくスマホ以外ではパケットが使えない。つまり今月はXiパケ・ホーダイ for iPhoneの料金を支払うがパケット通信は出来ないという事!これなら月末までXiパケ・ホーダイ for iPhoneでバリバリパケット使って、月末にXiらくらくパケ・ホーダイに変更すればよかった。

もう1台。Z1fを。これは音声からデータ契約に変更を行う。音声時のパケットはXiパケ・ホーダイ ライト、そこからXiデータプラン フラット にねんプラスXi割を適用する(親はiPhone)。この作業は慣れているようでお姉さんもスイスイと作業。一応「パケット代金が二重課金になることはないですよね?」ときいたら「はい」というので何の疑いもなく手続き完了。このSIMはモバイルルーターで使うつもりなので、moperaUもつけてもらった。

翌日、契約の整理のためにMyDocomoを覗く。iPhoneの方は問題なし。Xiらくらくパケ・ホーダイになっている。しかし、Z1fの方は…パケット代金が二重課金になってる!うそーん、お姉さん二重にはなりませんって言ったじゃん…。調べたらフラットからデータフラット、ライトからデータライトという契約変更であれば二重にはならないが、フラットとライトをまたぐ契約は二重になるらしい。だったらデータライトに契約変更して来月からフラット+プラスXi割でよかったのに。これはヤバいと昨日のDSに電話。

出てくれたのは昨日のお姉さんではなかったけど、「これこれこういう状況で、昨日は二重にならないという事でしたが…」と話をすると「確認するので少々お時間ください」ということで一旦電話を切る。暫くすると折り返しがあり「今回の契約をデータライトにし、翌月からデータフラット+プラスXi割にする形でよいですか?」とお店の方からこちらが希望していることを提案してきてくれた。もちろん二つ返事でOK。あちらからすぐに提案してきたってことは、恐らく前日のお姉さんも二重で取られないと本気で思っていたんじゃないかな?ということで、音声からデータまたはその逆を考えている人はパケットプランがフラットとライトで跨がないように注意!

結果として新しい回線契約2本の月々の支払いは4月から以下のようになる予定。オプションやユニバーサル料は考慮せず。

iPhone回線 → 寝かす
タイプXi にねん 780
Xiらくらくパケホ 2980
SPモード 315
のりかえ割 -780
月々サポート -2940
合計 355

Z1f回線 → ルータに挿して使う
Xiデータプランフラットにねん(プラスXi割) 3980
moperaUスタンダード 525 (6ヶ月間は無料)
月々サポート -3325
合計 1180

という事で、2台同時MNP転入により増えた2回線の維持費はあわせても1535円に。
イニシャルコスト、ランニングコスト、ともに個人的には満足なMNP大作戦だった。

 - ドコモ, 携帯電話 , , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!