その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

LINEモバイルの初期費用を3分の1程度にする方法

   

おなじみLINEが昨年から始めたいわゆる格安SIMの通信サービスがLINEモバイルです。

twitter

LINEモバイルは他の通信サービス業者同様に申込時に初期費用が掛かりますが、それを3分の1にすることが出来ますので、ご紹介します。

LINEモバイルの初期費用は3,240円

LINEモバイルのサービス料金に関する価格はこちらのページでまとめられています。

[公式サイト]LINEモバイル プラン・価格表

それによると、初期費用(登録事務手数料)は税抜で3,000円、税込にすると3,240円です。

この価格は他の通信サービス業者と変わりませんね。

しかし、それをほぼ3分の1に圧縮する方法があります。それは、エントリーコードを購入して使うことです。

エントリーコードとは?

通常のLINEモバイルでの申込みであれば、公式サイトから必要事項を入力して申し込んでSIMが送られてくるという手順になります。

しかし、エントリーコードを購入してそのコードを公式サイトに登録すると、それだけで初期費用が無料となります。

エントリーコードの購入費用がかかりますが、エントリーコード自体は1,000円程度で購入できますので、3000円支払うべきところが1,000円になるため、実質初期費用が3分の1程度になるわけです。

linemobile

 

エントリーコードはAmazonで購入可能

現在、エントリーコードはAmazonにて購入可能です。

エントリーコードが届いてからの申し込みになりますが、Amazonプライム会員になっていれば早ければその日のうちに届きますので、待てる余裕があればそちらのほうがお得ですよね。

なお、LINEモバイルでは「音声+データプラン」と「データプランのみ」のSIMは別扱いとなっており、途中でプラン変更は出来ませんので、エントリーコード購入時に選択が必要です。

エントリーコードのパッケージにはSIMが入ってそうなパッケージですが、SIMは入っていません。あくまでもコードが記述されているだけになります。

やっぱりエントリーコード届くの待っていられない!という場合

安くなるのはいいけど、一刻でも早くLINEモバイル使いたい!エントリーコード待っていられない!という方は通常の方法で申し込んでもOKです。

LINEモバイルは初月の費用は無料になりますし、キャンペーンの締め切り間近などの理由で早めの申し込みが必要な場合は普通に申し込んで良いと思います。

以下のバナーからLIMEモバイルの詳細ページに遷移しますので、ご検討下さい。

au回線を使いたいならmineoがおすすめ

LINEモバイルはとても魅力的なのですが、使う回線がドコモ回線ということで、端末もドコモのものか、SIMフリーのものである必要があります。

もし、auの端末・回線で格安SIMを使いたいのであれば、mineoをおすすめします。

こちらもエントリーコードで初期費用を抑えることが出来ますので、以下の記事を参考にして下さい。

mineoの初期費用を実質無料にする方法

 - Andoroid, iPhone/iPad, MVNO, 節約術 , , , , , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!