その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

ローソンのレジが新型に代わっていた!これでApplePay支払いが捗る!

   

以前の記事で「ローソンではApplePayが使いづらい」ことを記事にしていました。

その記事では同時に「12月からレジが入れ替わる予定」であることをお伝えしていましたが、私がよく使うローソンでもレジが入れ替わっていましたよ!これでApplePayでの支払いも捗りそうです。

fb

新しいローソンのレジとは?

実際に入れ替わったというよりも、iDなど電子マネーを置く台の位置に、なんだか読み取り機が新しくついていました。

普段電子マネーを使わない人にとっては新しい読み取り機がついたのは気づかないかもしれません。

使い方についてはローソンが動画をアップしています。その読み取り機はなんか出っ張り?みたいなのがあってちょっと邪魔w

さっそくApplePayのiDで支払ってみましたが、一発で読み取ってくれました!これまではタッチパネルから支払いに使う電子マネーを選択する手間がありましたが、これでもうその手間はかかりません。

これで、ローソンのレジも一発で支払い可能なパターンに。

しかし、逆にこれで使用する電子マネーの間違いが起きる可能性もあり。

iPhoneではまだですが、おサイフケータイにはiD、nanaco、edy、Suica、WAONなど多くの電子マネーを設定できるため、「iDで」と言ったのに店員さんの聞き間違いで「Edy」になっていたり、単純に店員さんのボタンの押し間違いで別の電子マネーで支払うことになることも。

ローソンの今までのレジでは自分が選択をしていたので、支払い間違いが起きることはなかったんですけれどね。今後は注意しましょう。

ポイントカードはバーコード画面を見せるのがスマート

で、もうひとつのApplePay支払いでの難点はポイントを付けて貰う場合はカードの提示が不可欠ということ。

おサイフケータイであれば、Felicaにモバイルポンタまたはモバイルdポイントカードを設定することで、カードの提示は不要でしたが、iPhoneでは対応していませんのでカードの提示が必要になります。

ただ、財布からそのためだけにカードを引っ張り出すのは面倒くさい。

そこで、iPhoneのローソンアプリのポイントカード機能でポイントカードのバーコードを画面表示して見せれば財布からわざわざカードを取り出さなくてもOKです。

ローソンアプリをiPhoneにダウンロードして、「設定」画面にある「ポイントカード」管理のメニュー、またはインターネットのローソンのホームページからローソンID(事前に取得が必要)を使ってマイページにログインし、カード管理画面でポイントカードの裏に書かれているPontaカード番号dポイントカード番号を設定するとローソンアプリでポイントカードのバーコードを表示させることが可能です。

img_0629

ちなみに設定は2つのポイントカードを両方できますが、実際に利用できるのはどちらかひとつです。

img_0630

レジに行く前にアプリを起動し、ポイントカードのバーコード画面を表示しておき、「ポイントカードはありますか?」と聞かれたら画面を見せてバーコードをスキャンしてもらい、そのあと「支払いはiDでお願いします」と言ってiPhoneをレジの読み取り機にかざせばスムーズにポイントゲット&支払いが可能です。

 - iPhone/iPad, ポイント , , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!