節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

プレゼント・セール・キャンペーン情報(得するインターネッツ)

  • 氷結®専用ICEBOX〔トリプルミックス〕当たる!キャンペーン(キリン)
  • 【AsahiPark】摘みたての贅沢を楽しもうキャンペーン (一口 2000G 使用)(アサヒ)
  • 『アサヒ ザ・ドリーム』感想ツイートキャンペーン(アサヒ)
  • 【赤すぐnet】新規会員登録で使える1,000円クーポン配布中!
  • 【火曜日】6/27の注目案件! ファミマ抽選・ミスド200円引き・カードの日など
  • Apple Watch

    私がApple Watch Series 1を買った理由

    投稿日:2016/12/11 更新日:

    突然ですが、Apple Watch を買いましたよ!ひゃっほー!

    aw1

    Apple Watchが出た時には全く興味がなかったのですが、最近iPhoneの歩数計を使うようになったことで「iPhoneを持っていないときでもちゃんと歩数を測りたい」という思いからいろいろとウェアラブル端末を比較検討した結果、Apple Watchに行きつきました。

    しかし、私が購入したのはApple Watchの最新作Series2ではなく、初代Apple WatchのプロセッサをアップグレードしたSeries1です。なぜ、私がSeries1を購入するに至ったのか、まとめます。

    Series1とSeries2の違いは?

    そもそも、Series1とはなんなのでしょうか?Series2とはどう違うのでしょうか?比較した表をご覧ください。

    watchhikaku
    これを見ると1と2の違いは、GPSがついているApple Pay(Suica)が使える防水仕様である、という違いだけになります。

    尚、初代のApple WatchとApple Watch Series1は同じものではなく、プロセッサがデュアルコアになっております。

    初代Apple Watchは速度に問題があるそうですが、現在私が使っているSeries1では特にそのような不満はありません。

    1と2のプロセッサはどちらもデュアルコアですが、違いはプロセッサにGPSがついているかいないかだけになります。

    何故Series1にしたのか?

    GPSはいらない

    GPSがあると、自分がどこを移動したかということをマップ上に表示することが出来ます。

    しかし、私はランニングをするわけではなく、あちこちどこかに移動するわけでもなく、だいたい日々同じようなところを歩いています。わざわざWatchでGPSを使うような使い方はしないのです。

    もし経路のトラッキングが必要になれば、iPhoneにRunKeeperなどのアプリを入れてiPhoneで記録すればよいのです。

    もしかしたら、GPSが搭載されたことでそれに対応した位置ゲーなども今後出てくるかもしれませんが、いまのところは必要ありません。

    ということで、GPSはいらないという結論になりました。

    ApplePayはいらない

    私は別の記事でも書いている通り、現在はAndroidのおサイフケータイをメインに使っています。また、iPhone7にはApple Payを設定しています。

    これ以上、フェリカ端末は必要ありませんので、Apple Payはいらないということになりました。

    防水はいらない

    水泳をやって記録をトラッキングしたいという人にとっては防水機能は重要です。また、水回りの仕事が多い人にも重要かもしれません。

    しかし、私は水泳もやりませんし、水仕事もそんなにしません。水仕事レベルであれば、防滴機能があるSeries1でも十分です。

    よって防水機能はいらないという結論になりました。

    最も安いのがSeries1

    ということで、Series2の目玉でもある3つの新機能に必要性を感じなければ、Series1でも十分なのです。これで1万円程度値段が下がります。

    私はウエアラブル端末が初めてということもあり、本当に今後も使い続けるかわからないものをお試し気分で買うのに高いものは必要ないと思いました。

    機能上はApplePayを除けばSeries1・2は同等であり、とりあえず買ってみて、気に入れば次は(Series3?)高い端末を買えばいいと思います。

    Series1にはアルミケース+スポーツバンドしかないが…

    ひとつ購入時に気になった点としてはSeries1の場合、ケース(ウォッチ本体)がアルミニウム製のものしかなく、またバンドの組み合わせもシリコン製のスポーツバンドしかありません。

    このあたりが若干、Apple Watchをチープに見せてしまったり、オンの時間、つまりは仕事中にスーツに合わせにくい形になってしまっている感じがします。

    それを解消するため、私はケースをブラックにしました。最初はシルバーにしようと思いましたが、店員さんいわく「シルバーの方がApple Watchを着けてる感が高い、目立つ」ということでした。

    ブラックはそこまでではないといえばないです。「スーツに黒いGショック」みたいな人もいますが、それはそれでありかなとも思いますし。

    またバンドについても自由に取り換えが出来ますので、私もブラックのウーブンナイロンに付け替えています。気が向いたらスポーツバンドに変えたりしてみようかなと。

    そして、その後サードパーティのステンレスのバンドを購入しました。純正だと高いですが、非純正だと2,500円くらいで購入できます。

    チープなのが届くかなあ?と思ったら意外にも結構ちゃんとしたのが届いて、気に入ってずっと使っています。

    サードパーティにまで目を広げると、こうやっていろいろと選べるのがApple製品の良いところですね。

     

    ということで、Series2の新機能が不要、お試しでApple Watchを買おうかなーと悩んでいる方は、Series1でも十分だと思いますよ。参考になれば幸いです!

     

    Twitter でplatzをフォローしよう!

    ※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!

    -Apple Watch
    -, ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    Apple watchでMac OSにログインできる!…はずが出来ない場合の原因考察

    最新のmacOS Sierraではスリープからの復帰時にパスワードを入力する代わりにApple Watchを近づけることで認証をクリアし、ログインすることができるんです!スゴイですね~! ということで …



    follow us in feedly



    アンケートモニター登録

    platz

    東京の片隅にすむ会社員です。興味あることはPC、ケータイ・スマホ、インターネッツ、コンビニ、ポイント、節約術、ダイエットなどなど。日々ブログに駄文を書き連ねたり、連ねなかったり。