その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

ついにiPhoneがおサイフケータイ化!iPhone7でiDを使う方法

      2016/09/19

9/7に発表されたappleのiPhone7/iPhone7 Plus/Apple watch series 2でついに日本で利用されている非接触型ICカード技術「FeliCa」が搭載されることになりました!

suica-1

これによってAppleの決済サービスであるApple Payが日本でも利用可能になります。日本の非接触型ICカードの読取機(レジにある読取機)はFeliCaしか読み取れなかったと言ってもいいと思いますからね。

Appleの発表会でこのことが発表された時、日本の電子マネーユーザーは「おお!」と感激したと思いますが、会場にいた現地の人達がシーンとしていたのにはちょっと笑いましたw

さて、現時点で発表されている電子マネーはSuicaiDQuickPayの3つです。10月末開始ということで、それまでに対応アプリがリリースされ、iPhone7などで使えるようになるのだと思います。

20160908112745

Suicaについては結構具体的な使い方がAppleのサイトでも紹介されていますが、iDはどうなるのか、こちらの記事で紹介したいと思います。

dカード・iDとは?どうやって使うの?

ドコモからは以下のリリースでiD/dカードがapple payに対応することが発表されています。

ドコモが推進する「iD」および「dカード」のApple Payへの対応開始について<2016年9月8日>
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/09/08_01.html

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が推進する非接触決済サービス「iDTM」及び、ドコモのクレジットカードサービス「dカード®」は、10月から国内でサービス開始するApple Payに対応いたします。Apple Payはお客さまが常に持ち歩いているiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で1日を通してより簡単に、クイックに、そして安心、安全に店舗でのお買い物の際にご利用いただけます。Apple Payは安全性と個人情報の保護について高いレベルの配慮がなされています。

dカードはドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモユーザーであれば誰でも申し込むことが可能で、CMでご存じの方も多いと思いますがdポイントがどんどん貯まるなど様々な特典が受けられます。dカードにはdカードGOLDという上位版もあります。

dカードはクレジットカードなので普通にお店で提示して、レジの読取機に通して読み込んで使うことが可能ですが、カード自体にICチップが埋め込まれており、それをレジの読取機にかざして「ピッ」と決済することも可能です。カード一枚で2つの使いかたがあるのです。この「ピッ」とする使い方のことをiD決済と言っています。

さらに「おサイフケータイ」と呼ばれる機能を持っているスマートフォン・携帯電話(以下スマホと表記します)、要するにFelliCaを搭載してるスマホに専用のiDアプリをダウンロードして、そのアプリにdカードの情報を登録することで、クレジットカードを「ピッ」とかざさなくても、スマホを「ピッ」とかざせばiDを使った第3の使い方ができるようになります。

おサイフケータイ愛好家にとってはこの第3の使い方がほぼ一択となっており、自分の財布からdカードを取り出して支払いに使うことはほぼありません。よってdカードを持ち歩く必要はないのです。とにかく一度おサイフケータイを使うとその便利さからは離れられません。

以下、ここまでのdカードの使い方を表にまとめました。支払い方や呼び名は違いますが、最終的にカード会社への支払いはまとめて行われますし、ポイントも同じように貯まります。

必要なもの 支払い方 支払いの仕方の通称 カード会社への支払い ポイント
dカード/dカードGOLD 財布からdカードを出す必要あり

店員さんがカードをシュッとする
または自分で読取機に差し込む

dカード払い 毎月15日締めで翌月10日に支払い

dカードにまとめて月1回請求されて
銀行引き落としやコンビニで支払う

貯まる
dカード/dカードGOLD 財布からdカードを出す必要あり

自分でカードをピッとかざす

iD払い
dカード/dカードGOLD
FeliCa内蔵スマホ(ケータイ)
dカードの持ち歩き不要

自分でスマホをピッとかざす

スマートでかっこいいw

iD払い

いままでiPhoneにはその機能がなかったため、おサイフケータイ愛好家にとってはスマホはandroidの機種を選ぶしかありませんでした。ドコモのiPhoneユーザーは第2の使い方までしか出来ませんでした。

それが日本でスマホのシェア半分以上を占めるiPhoneでも使えるようになるのですから、おサイフケータイ愛好家がandroidからiPhoneへ乗り換え、iPhoneのシェア拡大が進む可能性もあります。それだけiPhone7のFeliCa搭載はインパクトの強いニュースなんです。

逆に言えば、いままでiPhoneしか使ってきていない人にはおサイフケータイの使い方にピンと来ない人も多いと思いますが、iPhone7を購入した際にはSuicaやiDなど、この超絶便利な使い方を是非試してもらいたいと思います。というよりこれはもう試すべきです!

iPhone7でiDを使うためには?

iPhone7でiDを使うためにはdカードまたはdカードGOLDが必要になってきます。

上述の通り、dカードはクレジットカードですが、dカードなら年に1度でも利用すれば年会費無料。dカードGOLDは年会費が10,800円かかりますが、dポイントクラブでゴールドステージになることを始め、dカード以上の魅力的な特典がついてきます。

dカードGOLDについて詳しくはこちらの記事で

dカード契約者がdカードGOLDにアップグレードしてメリットを得る方法を調べてみた!

 

お店で配っている赤と白のdポイントカードではダメです。dポイントカードはポイントが貯まるだけのポイントカードでクレジット機能はついていません。

ということで、まずはdカード・dカードGOLDの申し込みをしましょう。

先程も書きましたが、dカードは年に1度でも利用があれば年会費は不要なので(缶コーヒー1本でもOK!)、とりあえずはdカードで様子を見てもいいかもしれません。

なお、dカード・dカードGOLDは頻繁にキャンペーンを実施しており、申込時にdポイントが貰もらえたり、iDキャッシュバック(iDで決済した金額につかえるポイントのようなもの)がもらえたりしますので、いきなりお得感を味わえます。

以下のバナーをクリックするとそれぞれの説明&申し込みサイトに移動します。現在のキャンペーン詳細もわかりますよ。

こちらがdカード。

こちらがdカードGOLDです。

dカードを申し込むと、1-2週間程度でカードが届きます。申し込みが殺到するともう少し掛かるかもしれません。dカードまたはdカードでのiD決済は届いたその日から使えますが、iPhone7でiDが使えるのは10月末からとなっています。

さて、実際の登録方法などはアプリがリリースされてから紹介したいと思います。

なお、現在ドコモオンラインショップでiPhone7などの商品をdカード決済で購入すると、dポイントが2倍貯まります!すでにdカードを持っている人でこれから端末を買おうと思っている人は必見です!

 - iPhone/iPad, クレジットカード, ドコモ, ポイント , , , , , , , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!