その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

iPhoneSEが発売されたけど、やっぱりキャリア契約は高いなあ…っていう話

   

appleの新しいiPhone、「iPhoneSE」が発売されました。見た目はiPhone5系、中身はiPhone6系という端末ですね。小型iPhoneが好きな人は待ちに待っていた端末ではないでしょうか?個人的には5,6の中間くらいのサイズがベストなんですが…。

iphonese-gallery1-2016

さて、このiPhoneSEも国内の3キャリアから発売されました。それとは別にappleからSIMフリーのiPhoneSEも発売されます。それぞれ価格が発表されていますが、どちらがどれくらい得なのでしょうか?

本体の端末価格は?

まずはキャリアの価格を見てみます。一番価格の発表が早かったauを例にあげてみます。どちらも一括払いの税込価格です。

16GBモデル 56,880円
64GBモデル 69,480円

一方、appleのSIMフリーモデルの価格です。

16GBモデル 57,024円
64GBモデル 69,984円

まあ、若干SIMフリーモデルのほうが高いですが、殆ど変わりませんね。

ランニングコストはどれくらい掛かる?

では、毎月の維持費であるランニングコストはどれくらい掛かるのでしょうか?

まずはauですが、以下のとおりまとめてみました。端末は一括支払い済みと考えているため省いています。新規/機種変ともに同じです。

データ定額を3としたのは、毎月割が適用されるデータ定額の中で最も安いプランのため。データ定額1では毎月割は適用されません。

16GB 64GB
スーパーカケホ 1,836 1,836
LTE NET 324 324
データ定額3 4,536 4,536
毎月割 -1,920 -2,220
支払合計(月) 4,776 4,476

うむ。端末は一括支払い済みで毎月割が適用されても、4,000円台は普通にかかる様子。

一方SIMフリー機を買った場合、格安SIMを選択することが考えられますが、格安SIMの中でもっともシェアが高いOCNモバイルONE、通話料込のプランが有る楽天モバイル、auの回線を使っているmineoを使うとどうでしょうか?

月額 備考
OCN 3GB/月コース 1,944 通話は別途30秒で21.6円(税込)
楽天モバイル 3.1GB+5分かけ放題 2,646 5分かけ放題オプション918円(税込)込み
mineo Aプラン3GB 1,630 通話は別途30秒で21.6円(税込)

いずれにせよ、auを利用した場合に比べてランニングコストはかなり低いという結果になりました。

トータルコストをグラフにしてみると…。

それぞれのコストの結果をまとめてグラフにしてみます。すると…。

graph

kakakuhikaku

一目瞭然です。auたっか!

格安SIMで運用したほうが安いんだろうなということはわかっていましたが、2年(24ヶ月)持つことを考えると、相当な差が生まれますね。

いくら実質価格で安いということをアピールしても、SIMフリー機を買って格安SIMで運用したほうが断然安く使えることがわかります。

今回はauで比較をしてみましたが、もちろん他のキャリア(ドコモ・ソフトバンク)もauと同じような金額設定なのですからauだけではなく3大キャリアともに高くなるということになります。

iPhoneSEだけではなく、SIMフリー機が発売されている端末は、端末価格がSIMロック機と変わらない場合、格安SIMで運用したほうが断然安いということが分かりました。

今後格安SIM業界はさらに柔軟な価格設定をしたサービスを導入することが考えられますので、3大キャリアが頑なにプランの価格を高値設定しているとますます差が開くかもしれません。

 - au, MVNO, ソフトバンク, ドコモ, パソコン・スマホ, 節約術 , , , , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!