その日暮らし

節約大好き ポイント大好き ガジェットも大好き

子回線でカケホーダイライトプランへの変更ができない場合はみなしのデータプランを確認すべし

   

先日、こちらの記事でも書きましたが、ドコモの基本プラン契約をカケホーダイライトプランにしたいのにできなかったという件。原因はやはりみなしのデータプランがSプランだったからのようです。MNPだけに関わることではないので、改めて新しい記事でまとめたいと思います。

カケホーダイライトプランとは?

まず、カケホーダイライトプラン(以下カケホライト)ですが、カケホーダイプラン(以下カケホ)が完全定額制なのに対し、カケホライトは通話5分までは無料、それ以外は従量という通話プラン。通話が5分以内で終わるような電話が多い人向けのプランです。

カケホが2,700円にするのに対して、カケホライトは1,700円。時々長電話になる程度の人ならカケホライトの方がお得ですよね。

尚、このプランにするためにはパケットパックがシェアパック各種、またはデータLパック、データMパックである必要があります。

私のように主回線にパケットパックのシェアパックを契約し、子回線をシェアオプションにしている方は多いと思います。

その場合、子回線の基本プランは通話のカケホーダイかデータプランになっているはずです。それをカケホライトにするためには変更したい月の前月のうちに「来月からカケホライトにしたい」とドコモショップや電話の151で申し込む必要があります。

しかし、カケホライトへの変更が出来ない場合があります。

原因はみなしのデータプラン

ドコモの子回線でパケットを使っている場合にはシェアオプションの契約をしている方がほとんどだと思いますが、そのシェアオプションを契約すると、同時にデータSパックに加入しています。

親回線でシェアパックを外した時などに子回線のパケットが無制限利用にならないように保険としてデータSパックに加入しているのです。これはドコモでは「みなしのデータプラン」と呼んでいるようです。通常3,500円のデータSパックですが、親がシェアパックかデータL、データMパックに入っている場合にはシェアオプションが優先されてみなしのデータプランの料金はかかりません。

上述の通り、カケホライトにするにはパケットプランでシェアパックかデータL、データMパックに加入しておく必要があります。しかし、子回線ではみなしのデータSプランに加入しているために、カケホライトに加入できないとなる場合があるのです。

なお、自分がどのみなしのデータパックに入っているかはお客様サポートで確認できます。

dcm02

解決してカケホライトの契約をする方法は?

ドコモショップや電話の151で来月からカケホライトにしたいとお願いしたのに「できない」といわれた場合は「来月からみなしのデータパックをMパックにしたい」と言いましょう。これでわかってもらえるはずです。

一方、Webで来月からカケホライトを申し込もうとしたとき、みなしのデータパックがSパックの場合は自動でデータMパック切り替えになり、来月からカケホライト&データMパックの予約ができます。ということで、Webで申しこめば簡単ということになります。

なお、みなしのデータパックの変更だけをしたい場合はWebからはできません。この場合はドコモショップか151で申し込みましょう。

ドコモの人もまだ知らない人が多い?

私が最初に151お客様サポートでカケホライトに変更を依頼したときには、オペレーターの人は原因がみなしのデータパックであることを知りませんでした。ドコモショップでしか手続きができないと言われて、その後に行ったドコモショップで調べてもらって、やっと原因がわかりました。ドコモショップの店員さんも最初わからなかったようです。

オペレーターやドコモショップの店員さんでも知らない場合があるかもしれませんので、みなしのデータパックの事を伝えて調べてもらうといいと思います。

なお、みなしのデータパックの変更も翌月からしか適用できません。今月からでも来月からでも実害はないですが…。

dcm1

 - ドコモ, 節約術 , ,

※この記事が面白かった!役に立った!という方がいましたら、下のSNSボタンからシェアしてもらえると嬉しいです。ありがとうございました!